주요 기사 바로가기

韓経:具滋烈LSグループ会長「韓日貿易対立打開する…核心カギは創意的研究開発と革新」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.25 11:44
0
LSグループの具滋烈(ク・ジャヨル)会長が、「最近の企業の最大懸案は韓日貿易対立」としながら「研究開発と革新がこの難局を打開する核心のカギ」と話した。

LSグループは24日、具会長が23日に京畿道安養(キョンギド・アニャン)のLSタワーで開かれた「LS Tフェア2019」に参加し役員社員にこのように強調したと発表した。Tフェアは技術競争力を強化し研究文化を広めるため2004年から毎年開かれているLSグループの研究開発成果共有行事だ。

具会長は「主力事業分野で高付加価値製品とサービス開発で後発走者との格差を広げ第4次産業革命の流れに対応し未来成長動力を創出するには研究開発優秀事例がさらに多く出なければならない」と話した。

彼はまた、米フォードの創業者であるヘンリー・フォードの話を引用し、「『飛行機が離陸する時は追い風ではなく向かい風なので浮かび上がる』ということを覚えておきなさい。人工知能(AI)、第5世代(5G)移動通信など技術環境が急変し周辺状況は容易でないが、LSだけの創意的で挑戦的なエネルギーでみなさんがグループの革新先頭になってほしい」と注文した。

この日お行事には具会長と具滋ヨプ(ク・ジャヨプ)LS電線会長、具滋溶(ク・ジャヨン)E1会長をはじめとするグループ会長団と系列会社最高経営責任者(CEO)、最高技術責任者(CTO)ら400人ほどが参加した。

LS電線のオーダーメード型バスダクト(導電体を鋼鉄製外箱に収納した配線箱)とLSエムトロンの韓国初の100馬力級トラクターパワーシフト(自動車のギアなどを調節できる変速装置方式)など5社の課題が革新優秀事例に選ばれた。LS産電の電気バッテリーと再生可能エネルギーに必須の低圧直流遮断機とリレー(電気信号を開閉するスイッチ)、イェスコのモノのインターネット(IoT)を活用した危険予測早期警報システム3件の課題がデジタル部門優秀課題に選ばれた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:具滋烈LSグループ会長「韓日貿易対立打開する…核心カギは創意的研究開発と革新」

    2019.09.25 11:44
    뉴스 메뉴 보기
    LSグループの具滋烈(ク・ジャヨル)会長
    TOP