주요 기사 바로가기

サムスン重工業、建造中の1兆7000億ウォンのドリルシップ2隻売れない可能性も

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.25 11:23
0
サムスン重工業のドリルシップが危機を迎えた。

サムスン重工業はスイスに海運会社トランスオーシャンから現在建造中のドリルシップ2隻に対する契約履行放棄の意思が寄せられたと24日に公示を通じ明らかにし、トランスオーシャンも23日にサムスン重工業に発注したドリルシップ2隻に対する契約取り消しを推進すると自社ホームページを通じ明らかにした。

サムスン重工業は2013年と2014年にギリシャのオーシャンリーグと2隻のドリルシップを14億3000万ドルで受注した。その後トランスオーシャンがオーシャンリーグの株式を取得しこの契約は自動譲渡された。

サムスン重工業関係者は「現在意見が寄せられた状態であり取り消しではない。今後具体的な件を検討していくだろう」と明らかにした。

世界の造船業界でドリルシップ放棄の意思を寄せられることはたびたび起きている。これに先立ちサムスン重工業は2015年に米海洋ボーリング企業のパシフィックドリリングが発注したドリルシップ建造を完了したが、同社が一方的に契約解除を通知し法的紛争中だ。

サムスン重工業関係者は「今後船舶建造契約上、契約内容の変更が発生する時点または1カ月以内に再公示する予定」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン重工業、建造中の1兆7000億ウォンのドリルシップ2隻売れない可能性も

    2019.09.25 11:23
    뉴스 메뉴 보기
    慶尚南道巨済市のサムスン重工業ドックで船舶建造作業が進んでいる。[写真 サムスン重工業]
    TOP