주요 기사 바로가기

「ミナはいないが心はともに」…TWICE、特別なカムバック

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.09.24 09:35
0
グループTWICE(トゥワイス)が8人組で活動を繰り広げる。ミナは活動を休むが、心だけは9人がともに参加してお互いを頼った。

23日TWICEはソウル広津区(クァンジング)イェス24ライブホールで8枚目のミニアルバム『Feel Special』の発売記念ショーケースを開いて12連続で活動曲1位を正照準した。2015年デビュー以来トップグループとして最近曲『Fancy』までチャート1位となったTWICEの今年2番目のカムバックだ。

新譜にはTWICEの率直な気持ちがこめられた。「黒い夜のように暗いトンネルを歩く時、大切な人々がプレゼントしてくれた胸のいっぱいとなる瞬間」に関する内容を描いている。JYPの代表プロデューサー、パク・ジニョンがTWICEと交わした対話からインスピレーションを受けて作った曲で、5年目のTWICEが厳しかった瞬間を勝ち抜きながら体験した感情が歌の出発点になった。ファンクラブのONCEの応援を受けて再び立ち上がるという話がテーマだ。

ツウィは「本当に歌詞が共感できて本当に良い。ONCEとさらに共感し、疎通したい」と話した。ナヨンは「活動しながらささいだが大変な点があった。いくら辛くても温かい話をしてくれる人々がいれば再び力をもらって立ち上がることができるという肯定的なメッセージをこめた曲」と紹介した。

アルバムにはTWICEメンバー全員が初めて作詞に参加した『21:29』も収録された。ファンからもらった手紙に対する返歌として作って感謝の気持ちをこめた。ナヨンは『RAINBOW』の作詞家として単独で名前をのせ、ジヒョは『GET LOUD』に参加した。ダヒョンは『TRICK IT』の作詞に挑み、モモは『LOVE FOOLISH』に力を加えた。

ジヒョは「パク・ジニョンPDが『ここで止まらずダンスであれ歌であれさらに練習して上手くならなくてはならない。実力が良くなるべきで、そうしてこそ舞台で長く愛されることができる」とのアドバイスを受けた。メンバーも刺激を受けて初心を失わないように努力している」と話した。ダヒョンは「メンバーがいろいろとたくさん参加して大切なアルバムが作られた」としながらファンに伝える『21:29』だけでなくすべての収録曲を聞いてみてほしいと呼びかけた。

ミナは今回の活動から除外された。不安障害によってアルバム製作に限って参加することにした。モモは「ミナの健康が優先だ。ミュージックビデオをともに撮影できたことだけでも幸せだった。ミナが健康を回復して再び舞台に立って一緒に活動したい気持ち」と話した。

TWICEは今回の活動の目標を「疎通」にした。「もちろん順位も大事だが、さらに多くの人々に共感できてほしい。真正性をこめたアルバム」と説明した。ジヒョは「メンバーたちと意味のあるアルバムを作ってみようと話した。9人のメンバー皆がファンに伝えたいメッセージをこめた」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ミナはいないが心はともに」…TWICE、特別なカムバック

    2019.09.24 09:35
    뉴스 메뉴 보기
    グループTWICE
    TOP