주요 기사 바로가기

ファーウェイもサムスン式「量子ドットテレビ」開発

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.23 14:37
0
ファーウェイ(華為技術)が「量子ドットディスプレー」を強調しながらプレミアムテレビ市場に参入した。量子ドットはサムスン電子がQLEDテレビの核心要素とする技術・マーケティング要素だ。サムスン電子はLEDバックライトに量子ドット粒子を分散させた後、液晶(LCD)パネルと結合する形態でQLEDテレビを生産している。

◆ファーウェイも「量子ドット」LCDテレビ開発

19日、ファーウェイは独バイエルン州ミュンヘンでプレミアムスマートフォン「Mate 30」シリーズを発表し、テレビの新製品「ファーウェイビジョン(Huawei Vision)」ブランドを同時に出した。これまで「Honor」というブランドで欧州などで中低価格テレビ事業をしてきたファーウェイは、自社の名前を掲げて高級テレビ製品も公開した。65インチ、75インチの2つのモデルで発売される予定であり、55インチと85インチのモデルは後に出す予定だ。

ファーウェイビジョンは横の画素数が約4000個の4K解像度の量子ドットディスプレーを搭載したという。有機発光ダイオード(OLED)素子を使用しなかったとすれば、サムスンと同じくLCD基盤ディスプレーのテレビとみられる。

テレビ上段には最近中国で流行しているスマートフォンデザインの一種「ポップアップカメラ」(普段は隠れていて飛び出すカメラ)を搭載した。写真を撮りたい時はカメラがスライド形式で出てくる。

◆AI技術、スマートフォン-テレビ連動性を強調

特にファーウェイはテレビに搭載された人工知能(AI)認識技術を「大きな画面のスマートスピーカー」として強調した。サムスンのAIアシスタント「Bixby」と似た独自OS「Harmony」を搭載したとも明らかにした。ファーウェイ・コンシューマー・ビジネス・グループの余承東(リチャード・ユー)最高経営責任者(CEO)は「スマートフォンで一度のタッチでテレビに画面を送ったり、スマートフォンで直接テレビを制御できる」と説明した。リモコンに搭載されたマイクでも音声命令ができる。

ファーウェイの量子ドット戦略にサムスンがどのような反応を見せるかはまだ未知数だ。ファーウェイより先に中国家電企業TCLを相手にサムスンはQLEDをはじめ自社のマーケティング方法を活用する行為を戦略的に容認したと伝えられている。

サムスンはTCLの子会社CSOTと戦略的提携関係を結んでいる。3年前の2016年12月にサムスン電子は子会社サムスンディスプレイを通じてCSOTの深セン工場に21億元(約315億円)を投資し、生産法人の株式9.8%を保有している。ここで生産される第10.5世代のLCDパネルのうち約10%はサムスン電子に供給されるという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ファーウェイもサムスン式「量子ドットテレビ」開発

    2019.09.23 14:37
    뉴스 메뉴 보기
    ファーウェイが19日に独ミュンヘンで公開した新製品テレビ「Huawei Vision」
    TOP