주요 기사 바로가기

【社説】墜落する文大統領の支持率…独走と独善から抜け出せよという警告だ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.20 10:59
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政遂行支持率が連日落ち、就任後最低を記録した。反対に、否定的な評価は就任後最高値だ。否定的な評価が肯定的な評価をリードする「デッドクロス」が日増しに深刻化している。与党・共に民主党の支持率の下落傾向も明確だ。チョ・グク法務長官任命後にも続いている「チョ・グク・ブラックホール」が文大統領と政権に暗礁になった。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)をはじめ、与党では「チョ・グク政局」から一日も早く抜け出したい気持ちが強いだろう。だが、チョ長官への辞退要求は野火のように広がる模様だ。「チョグク氏の任命で社会の正義と倫理が崩れた」という声明に署名した全国教授の数字が日々急速に増加している傾向だ。昨日はソウル大学や延世(ヨンセ)大学、高麗(コリョ)大学の学生たちがチョ長官の辞退を促すろうそくを同時に手にした。

「文在寅大統領の傲慢と独善に厳しく警告する」という時局宣言文は法曹界に広がった。「最小限の法曹人の資格すら備えていないチョ・グク法務長官の任命に羞恥心と侮辱感を越えて込みあげる怒りを耐えられない」というのが宣言文の趣旨だ。複数の世論調査で立証された一般市民の民心も少しも変わっていない。

常識通りならチョ長官はすでに退くべきだった。この政権発足後に起きた数多くの要人惨事の責任者であり、毎日のように明るみに出ている偽善や虚飾で彼が法務長官職についてはならない理由があふれている。何よりも朴槿恵(パク・クネ)政府は側近一人のせいで没落したが、長官一人のせいで政権が大きな危機に追い出されたことだけを見てもそうだ。だが、知らん顔する長官に「我関せず焉」の政権だ。

与党では「国民の関心はひたすら民生だから民生に戻ろう」と主張している。大統領は「わが経済が正しい方向に向かっている」という納得し難いことも言及した。民生という言葉で簡単に戻ってくる「チョ・グク・ブラックホール」でもないが、今のわが経済が「上手くいっている」という主張には頭をもたげる国民が多い。ほぼすべての指標が逆さまに転落している中で韓米同盟は揺れ、韓日葛藤は危険の水位を行き来している。

与党の院内代表はこの前「チョ・グク・ブラックホールを乗り越えることを希望する」と話した。考えてみると、方法は簡単だ。国民でなく文大統領にそのような希望を申し出れば良い。大統領がチョ長官を辞退させ、自然人として検察の捜査を受けるようにすれば良い。それが民心で世論だ。

この政権が叫ぶ「平等、公正、正義」だ。冷遇して無視するのは傲慢かつ独善であり独走だ。

文大統領は就任辞で「機会は均等で、過程は公正で、結果は正しい社会」を約束した。そのような確約が選択的に適用されるという信頼が広がった結果が大統領支持率の墜落だ。外交・安保と経済の波が高いほど「今は民生に戻ろう」と呼びかけるのではない。判断の優先順位を原則に置いてほしい。チョ・グク事態はチョ・グク氏で解決するのが当然な道理だ。自身が起こした問題は自身が解決すべきだ。

何より病気が重くなりつつある民生現場を直視する必要がある。莫大な税金をつぎ込んで急造した高齢者アルバイトが増えたことを「雇用状況が量と質の両方で明確に改善されている」と包装するのは現実から目をそらした不通だ。前政権がそれで没落した。今の政権はあのような道とは反対に行くというスローガンで執権した。民心の動揺と警告を厳重に受け止めてほしい。チョ長官に固執するのは国民に対する脅迫だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP