주요 기사 바로가기

レクサスはブレーキ、カムリはエアバッグに欠陥…トヨタなど9272台リコール=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.20 07:47
0
トヨタ自動車のレクサスとカムリなど37モデル・9272台にリコールの決定が下された。レクサスはブレーキ、カムリはエアバッグでそれぞれ不具合が見つかった。韓国トヨタ(15億ウォン)、ホンダコリア(18億ウォン)、起亜自動車(11億ウォン)は安全基準非適合判定を受け、計44億ウォン(約4億円)の課徴金が賦課された。

国土交通部は19日、韓国トヨタ自動車が輸入・販売したレクサスES300hなど8モデル・1207台でブレーキ関連の不具合が見つかり、リコールを施行すると明らかにした。ブレーキを踏んだ際の制動距離が増え、安全性制御装置(VSC)が作動しない可能性が確認された。

トヨタカムリなど2モデル・6536台は助手席感知システムの設定エラーで助手席のエアバッグが適切に作動しない可能性が見つかった。日産のキューブ5440台も電圧を分配・制御する知能型電力分配モジュール(IPDM)の製造不良で火災が発生する恐れがあり、リコールが決定された。た。キューブは同じ理由で6月から日本でリコールが行われている。

メルセデスベンツコリアが輸入・販売したC200など15モデル・1038台は▼操向ギヤのナット不良(C200など983台)▼後部座席中央の安全ベルト固定装置製造不良(GLA220など44台)などでリコールが実施される。

該当企業はリコール対象車の所有者に郵便と携帯電話の文字メッセージで是正方法などを知らせなければいけない。自動車リコールセンターのホームページで車両番号を入力すれば、リコール対象と具体的な製作欠陥内容を確認できる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    レクサスはブレーキ、カムリはエアバッグに欠陥…トヨタなど9272台リコール=韓国

    2019.09.20 07:47
    뉴스 메뉴 보기
    レクサスES300h
    TOP