주요 기사 바로가기

河野防衛相「韓国国防長官との会談希望…意思疎通図りたい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.19 07:08
0
河野太郎防衛相が18日、韓国国防部の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)長官と会談をしたいという意向を明らかにした。北朝鮮のミサイル挑発などが続いている状況で韓日国防当局間のコミュニケーションの必要性を強調しながらだ。

この日、河野防衛相はNHKとのインタビューで、韓日関係に関連して「外務大臣時代は康京和(カン・ギョンファ)外相というよいパートナーがいた」とし「日韓関係を新たな高みに引き上げようとしていたやさきの韓国の大法院判決で、非常に残念に思っている」と話した。過去、康長官との協力関係に言及しつつも強制徴用の判決に不満を隠さなかった。

河野防衛相は「どこかのタイミングで韓国の国防相ともお目にかかりたい」とし「今の北朝鮮情勢の中で、日韓の連携も当然重要になってくるので、しっかりと意思疎通をやりながら進めていきたい」と述べた。

河野防衛相は外相を務めていたが、今月11日の内閣改造過程で防衛相に席を移した人物だ。外相時代には日本の輸出規制の局面で韓国に対する強硬発言によって韓日関係悪化を主導したと評価されている。河野防衛相は外相だった7月、南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使を招致した席で、南大使の発言を遮って「極めて無礼だ」と述べて外交的欠礼を犯した。

しかし、防衛相に異動してからは国防・防衛分野で韓日の連携を強調している。河野防衛相は今月11日の記者会見で「北朝鮮の脅威に向き合うためには、やはり日米韓がしっかり連携をしていくということが大事だ」とし「日韓ときちんと連携が取れていることが大事」と述べた。

韓国と日本の国防長官は6月シンガポールで開かれたアジア安全保障会議(シャングリラ会合)時に接触した。当時は鄭景斗国防長官と岩屋毅前防衛相が会った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    河野防衛相「韓国国防長官との会談希望…意思疎通図りたい」

    2019.09.19 07:08
    뉴스 메뉴 보기
    河野太郎防衛相
    TOP