주요 기사 바로가기

IAEA「北寧辺原子炉、稼働中断…燃料再注入の可能性」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.18 11:36
0
国際原子力機関(IAEA)が北朝鮮の寧辺(ヨンビョン)5メガワット原子炉に昨年12月初めから稼働中断の兆候が見られるとし、燃料再注入の可能性を提起した。

IAEAのホームページによると、IAEAは定期総会を控えて提出した報告書で、昨年8月から寧辺核施設一帯の動向などを観察した結果、「5メガワットの原子炉が燃料を除去して新しい燃料を注入するのに十分な時間の稼働中断の兆候があった」と明らかにした。

この原子炉は8月中旬まで稼働し、8月末から11月末までは間けつ的に稼働する兆候が見られた。そして12月初めからは稼働の兆候が全くなかったという。

寧辺の再処理工場の放射化学研究所や建設中の軽水炉(LMWR)作業現場もそれぞれ7-9月期、10-12月期からは明記するほどの活動の兆候が表れていないと、報告書は伝えた。

ただ、寧辺核燃料棒製造工場内にある遠心分離濃縮施設が使用された兆候を確認し、軽水炉で原子炉部品を製造した後に原子炉の建物に運ぶ活動も観測されたという。

IAEAの報告書は北朝鮮の最近の核活動動向について「IAEAの8月の報告書以降、一部の核施設はもう稼働していないようだ」と総評した。その一方で「核プログラムの継続は明白な国連対北朝鮮決議違反であり、極めて遺憾」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP