주요 기사 바로가기

北朝鮮、コメ受け取らないというのに韓国政府は8億ウォンかけすでに米袋製作

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.17 07:59
0
統一部が北朝鮮支援に向けたコメ5万トン分の米袋130万枚を先月製作したことが16日に確認された。北朝鮮が3カ月にわたり韓国からのコメの受領を拒否しているのに、韓国政府は米袋をあらかじめ作っておき少なくない予算を支出したのだ。

韓国政府関係者と自由韓国党のユ・ミンボン議員室などによると、政府は40キログラム入り米袋130万枚の製作に予算8億ウォンを執行した。合わせて国産米5万トンを政府の代わりに北朝鮮に伝達することにした世界食糧計画(WFP)に事業管理費用を名目に1177万ドルを送金した事実も確認された。

米袋費用8億ウォンは農林畜産食品部の糧穀管理特別会計から、WFPに送金した1177万ドルは統一部の南北協力基金から支出された。

しかし統一部の金錬鉄(キム・ヨンチョル)長官は、16日の国会外交統一委員会業務報告でWFPを通じた食糧支援と関連し「北側の(韓国からのコメ米受領に対する)公式の立場が確認されておらず準備手続きを暫定中断した」と話した。米袋の製作とWFPなどに合計148億ウォンの予算を執行したが、金長官はこの部分には言及せず、「暫定中断」の部分だけ確認したのだ。金長官は「今後北側の立場を確認した後に必要な措置を検討したい」と付け加えた。

だが現在では北朝鮮へのコメ支援がいつ進められるかは不透明な状況だ。

統一部のイ・サンミン報道官はこの日の定例会見で「当初目標にした9月末の完了に対しては予定された日程を進めることはできない状況。現在WFPと北朝鮮側の実務交渉がまともに行われていない」と明らかにした。

韓国政府は6月19日に北朝鮮への食糧支援を発表し、北朝鮮の食糧難を考慮して春窮期である9月中のコメ伝達を目標にした。これを受け1277億ウォン余りの予算審議・議決が速やかに処理された。ところが9月中の伝達が事実上失敗に終わり、当初韓国政府が明らかにしたコメ支援の名分も弱まったのではないかとの指摘が出ている。

北朝鮮は7月末に韓米合同軍事演習を口実にWFPに韓国からのコメ受領拒否の意向を示してからこれまでこれといった立場を明らかにしていない。

こうした中、北朝鮮の労働新聞はこの日刈り入れに入ったことを対外に知らせた。新聞は「秋の取り入れと脱穀を適期に終えよう」という社説を載せ、住民らに穀類収穫を促した。これに対し北朝鮮の韓国からのコメ受領の可能性がさらに低くなるのではないかとの観測も提起される。

結果的に北朝鮮のコメ受領の意思が不明な状況で米袋をあらかじめ作り、コメ伝達前にWFPに事業費を支払ったことと関連し、韓国政府の予算執行があまりに性急だったとの批判を避けにくくなった。

統一部はWFPに送金した1177万ドルについて、「韓国の港から北朝鮮の港までの輸送、北朝鮮国内での分配とモニタリング費用などが名目」とユ議員室に説明したという。だがユ議員は、「北朝鮮のコメ受領の意思を確認してから送金する慎重なアプローチが必要だった。米袋も1~2週間あれば製作が可能なのに急いで予算を支出した理由を理解し難い」と指摘した。

これと関連して韓国政府当局者は「現在コメ運送船舶契約、精米などが進んでおらず、執行された予算規模は大きくない。米袋製作業者との契約手続きに基づき最大限遅らせて製作した」と釈明した。続けて「まだ9月中旬であるだけに北朝鮮の立場確認を継続したい」と話した。

統一研究院のチョ・ハンボム選任研究委員は、「北朝鮮は非核化交渉で韓国は抜けろという立場のため、ややもすると南北関係進展と取られかねないコメの受領を拒否するようだ。また、6月に訪朝した習近平中国国家主席が大規模な食糧支援を北朝鮮に約束し、韓国からのコメの必要性が減ったとみられる」と分析した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮、コメ受け取らないというのに韓国政府は8億ウォンかけすでに米袋製作

    2019.09.17 07:59
    뉴스 메뉴 보기
    2016年、北朝鮮のあるWFP支援工場で職員が食糧を積む様子。[写真 WFP]
    TOP