주요 기사 바로가기

文大統領、22~26日国連総会に出席…トランプ氏と3カ月ぶりに首脳会談

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.16 08:06
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今月22~26日、国連総会出席のために米ニューヨークを訪問してドナルド・トランプ米大統領と首脳会談を行う。今年6月、青瓦台(チョンワデ、大統領府)会談以降3カ月ぶりで、文大統領就任後9回目の韓米首脳会談だ。高ミン廷(コ・ミンジョン)青瓦台報道官は秋夕(チュソク、中秋)連休期間だった13日、ブリーフィングでこのような事実を明らかにして「具体的な日程は青瓦台とホワイトハウスが協議中」と伝えた。

青瓦台はその間、文大統領の国連総会出席に対して消極的だった。李洛淵(イ・ナギョン)首相や康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が代理参加するという見方もあったため、文大統領のニューヨーク行き決定は「電撃的」という分析もある。米朝非核化をめぐる対話が重大な局面を迎えたという判断が働いたようだ。

高報道官は「最近の米朝間発言を見ると、韓半島(朝鮮半島)の平和に向かった巨大な歯車が少しずつ動き始めたのではないか考える」と明らかにした。これに先立ち、北朝鮮は9日、崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官の談話で「今月下旬に合意する時間と場所で米国側と向かい合って協議してきた問題を包括的に議論する用意がある」として実務交渉の再開を提案した。

トランプ大統領も12日(現地時間)「今年どの時点に金正恩(北朝鮮国務委員長)氏と会うか」という質問に「ある時点には会うだろう」とし、第3回米朝首脳会談の推進を示唆した。

文大統領はニューヨーク会談で第3回米朝首脳会談のために実務交渉が早急に再開されるべきだという点を強調するものと見られる。青瓦台高官は15日「トランプ大統領も来年選挙を控えて年内に北朝鮮側と何かを作り出そうと話してきたし、北朝鮮もハノイ(ノーディール)会談以前に原状回復しようとする動きがある」として「3者が同じ目標の下にあり、非核化交渉の妥結をこれ以上遅らせることのできない時点が来た」と話した。

青瓦台内部では今度は変化があるだろうという期待感がある。トランプ大統領が11日(現地時間)、北朝鮮に対する強硬派であるジョン・ボルトン国家安保補佐官を解雇し、「金正恩委員長にリビアモデルに言及したのは災難だった」と述べた点に注目した。非核化方式に関連し、北朝鮮が要求する「新しい計算法」に米国が呼応する可能性もあるという点のためだ。文大統領が両側の意見の違いを解決する提案をする可能性もあるという見方もある。

文大統領はニューヨーク訪問から帰国の途に国連総会の基調演説(24日・現地時間)、主要国首脳との二国間会談などを行う予定だ。青瓦台高官は安倍晋三首相との会談と関しては「可能性を開けているが、あちら側(日本)にかかっているものであり、われわれが決める問題ではない」とし「韓日米3者会議も『今われわれがそうする』と言えない部分」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領、22~26日国連総会に出席…トランプ氏と3カ月ぶりに首脳会談

    2019.09.16 08:06
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領が今月14日、韓・ASEAN特別首脳会議(11月25~26日)と韓・メコン首脳会議(11月27日)が開かれる釜山ASEAN文化院を訪れて関係者から説明を聞いている。[写真 青瓦台写真記者団]
    TOP