주요 기사 바로가기

北村氏の就任が日朝関係の契機に? 日本訪朝団60人余りが平壌に到着

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.16 06:58
0
昨年から日朝接触の窓口だった北村滋前内閣情報官が新任国家安全保障局(NSS)局長に就任したことを契機に日朝関係に変化の兆しが見えている。

今月14日故・金丸信前自民党副総裁の次男、金丸信吾氏を代表とする日本訪朝団60人余りが平壌(ピョンヤン)に到着した。共同通信は彼らが今月19日まで北朝鮮に滞在しながら金丸信氏生誕105周年になる17日に平壌で記念行事を行うと報じた。金丸信氏は1990年9月、自民党と社会党代表団を率いて北朝鮮を訪問、金日成(キム・イルソン)主席と面会した後「日朝修交3党共同宣言」を導き出して日朝外交のきっかけを作った人物だ。次男である信吾氏は当時、秘書資格で父を遂行した。

東京のある外交筋は15日「今回は訪朝団が崔竜海(チェ・ヨンヘ)労働党中央委副委員長と面会する予定だと承知している」として「その場で平壌のメッセージが(日本側に)伝えられるだろう」と話した。信吾氏はテレビ朝日とのインタビューで「私たちが行ったからって日朝(問題)が動くなんてことはあり得ない。けれども、少しでもそういう環境作りに役立てればいいなとは思いますが」と話した。

今月末には日本医師会代表団が北朝鮮を訪問、北朝鮮への医療支援案を模索する。今回の訪朝は安倍晋三首相と近いと知られた日本医師会の横倉義武会長の提案に従ったものだ。日本医師会が医療支援を目的に北朝鮮に代表団を派遣するのは初めてだ。自民党参議院を務めた日本医師会の宮崎秀樹前副会長など元国会議員要人7人が同行するが、彼らは北朝鮮当局に日本政府との対話および日本人拉致、核・ミサイル問題の解決も要求する予定だと伝えられた。

このように日本訪朝団が訪朝を相次ぎ実現することで北村新任局長の「水面下の役割」論が浮上している。北村氏は先週、改閣によってこのポストに5年8カ月間就いてきた谷内正太郎氏の後任に任命された。北村氏は外務省でない警察庁出身としては初めて韓国の国家安保室長に該当するNSS局長に任命された。

安倍第1次内閣で首相秘書官として安倍首相と縁を結んだ北村氏は安倍首相が最も多く会った参謀だ。2012年末再執権以来約4年間、計659回会ったというマスコミの報道もあった。

昨年8月、韓国の徐薫(ソ・フン)国家情報院長と単独で会談したこともある彼は北朝鮮人脈もかなり多いという。昨年7月には当時、北朝鮮の金聖恵(キム・ソンヘ)統一戦線策略室長とベトナムで別に会談したこともある。日本政府の日朝関係改善への動きが北朝鮮と疎遠になった韓国を圧迫しようとする狙いではないかという見方もある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP