주요 기사 바로가기

韓国の地方自治体、日本の半導体輸出規制に対応し「学士級半導体産業人材」養成

ⓒ 中央日報日本語版2019.09.15 09:59
0
韓国の京畿道(キョンギド)が日本の半導体輸出規制に対応して素材部品装備に特化した学士級半導体産業人材養成に出る。

京畿道が15日に明らかにしたところによると、中国の半導体人材崛起と日本の半導体関連輸出規制に対抗し、来年から学士級半導体人材を養成して韓国国内の関連中小中堅企業に供給する計画だ。

現在サムスンやSKハイニックスなどの大企業は優秀人材が集まり労働力難を体験していないが、韓国の半導体産業の98%を占める中小中堅企業は専門人材不足で競争力確保に困難を経験しているという判断からだ。

2017年基準で京畿道内には半導体産業関連事業者数3865社の55.4%に当たる2140社、従事者数16万8659人の62.7%に当たる10万5762人が集中しており、不足する専門人材は840人ほどと推定されている。

道はこれに伴い、来年から道内の2大学を選定し、「京畿道型半導体産業人材養成事業」を推進する計画だ。

事業費は大学当たり2億ウォン、運営費1億ウォンの総額5億ウォンが投入される。

参加大学は半導体素材部品装備関連の特化課程を開設、運営し、学生教育課程と教材開発に大学と産業体が共同参加する。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP