주요 기사 바로가기

<大リーグ>13勝の壁に阻まれた柳賢振、悪化する防御率

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.06 11:17
0
柳賢振(リュ・ヒョンジン、32、LAドジャース)の不振が長引いている。1点台の防御率でメジャーリーグ(MLB)の歴史を築いていた柳賢振が4試合連続でつまずいた。

柳賢振は5日(日本時間)、米LAドジャースタジアムで行われたコロラド・ロッキーズ戦に先発、4イニング1/3を6被安打4四球で3失点した。奪三振は5つ。ドジャースは7-3で勝ったが、柳賢振は5イニングを満たせず勝利投手にはならなかった。防御率は2.35から2.45に上がった。先月12日のアリゾナ戦直後(1.45)と比較すると防御率は1も上がった。

柳賢振は3回表まで1安打2四球と無失点に抑えた。打線のおかげで5-0とリードし、今季13勝目が予想されていた。失点はなかったものの、柳賢振の投球バランスは良くなかった。投球直後に体の軸が揺れた。安定したフォームで制球力を誇ってきた柳賢振としては「異常信号」だった。金炳賢(キム・ビョンヒョン)解説委員が「着地の動作が一定でないのが心配」と指摘したほどだ。2回表には投球後に転ぶ場面も見られた。

柳賢振は4回から急激に不安定な投球になった。「天敵」ノーラン・アレナドとフルカウントの勝負の末、四球を与えたのが始まりだった。一死二塁からマクマホンに適時二塁打、二死後にはブテラに適時打を浴びた。柳賢振は4回裏に安打を放った後、ピーダーソンの2ランで得点した。

7-2とリードした5回表、先頭打者のストーリーから三振を奪った柳賢振は、ブラックモン、アレナド、デスモンドに3連打を浴びた。7-3とリードしていたが、ドジャースのロバーツ監督はマウンドに上がって柳賢振からボールを受け取った。勝利投手の要件までアウトカウント2つを残して投手を交代した。後続投手のコラレックが好投して柳賢振の自責点が増えなかったのが幸いだった。投球数は93球。普段なら勝利投手になる機会を与えたが、ロバーツ監督は柳賢振が体力を消耗したと判断した。

実際、この日の試合の準備から普段とは違った。柳賢振は2日、ハニカット投手コーチの前でブルペン投球(捕手を座らせた実戦投球)をした。韓国ハンファ時代からこの過程を省略してきた柳賢振がブルペン投球をしたというのは投球に問題があるということだ。以前の3試合で敗戦投手になった原因を柳賢振とハニカット投手コーチが多角度からチェックしているようだった。

投球後に転ぶのはマウンドが滑りやすいか、土の状態が悪いか、踏み込む足の位置が変わるからだ。この日、グラウンドの状態は良かった。チェ・ウォンホSBSスポーツ解説委員は「踏み込みの足(柳賢振の右足)を出す時の距離と時間、方向が一定でなければいけない。転ぶというのは下半身の移動が普段とは違うという意味」とし「体がふらつくのは上体が下半身よりも先に回転するからだ。ワインドアップからストライドの動作でタイミングが一定でなかったということ」と分析した。

米国メディアは柳賢振が投球バランスを崩したのは体力低下のためと見ている。柳賢振はこの日、今季最多(4つ)の四球を許した。KBOリーグで柳賢振を指導した金寅植(キム・インシク)元ハンファ監督は「今日は初球からボールが多かった。力いっぱい投げたため転倒する場面も出てきたようだ」と語った。

MLB.comによると、ロバーツ監督は「柳賢振の武器はチェンジアップだが、その制球が良くなかった。わずかに高かったが、それを打てるのがメジャーの打者」と話した。柳賢振は「投球バランスの問題。重心移動の過程で体が先に前に傾く。体力は関係ない」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <大リーグ>13勝の壁に阻まれた柳賢振、悪化する防御率

    2019.09.06 11:17
    뉴스 메뉴 보기
    柳賢振
    TOP