주요 기사 바로가기

秋夕連休の人気海外旅行先、ベトナム・ダナンが大阪を抜いてトップに=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.02 15:36
0
秋夕(チュソク、中秋)連休中の人気海外旅行先1位が大阪からベトナム・ダナンに変わった。秋夕連休は4日間だが、直前の週末や年次休暇まで使って長期間の旅行をする人も増えたことが分かった。

海外旅行ガイドのトリップルの調査によると、今年の秋夕連休中の海外旅行先のうち最も多くの人が選んだところはベトナム・ダナンだった。トリップルの利用者が登録した昨年の秋夕連休と今年の秋夕連休の旅行日程10万件を分析した結果だ。ベトナムの代表的な観光地ダナンは施設が良いリゾートと比較的安い物価などで最近注目されている。2位は台北(台湾)、3位はバンコク(タイ)、4位は大阪(日本)、5位は香港(中国)。

昨年の秋夕連休の人気旅行先1位は大阪だった。また人気旅行先の上位5位までに福岡(2位)、東京(4位)など日本の3都市が含まれていた。このため日本の輸出規制以降、反日感情による日本商品不買運動の影響が大きいと推定される。

旅行開始日は本格的な連休が始まる12日ではなく、直前の週の金曜日(6日)が多い。9月6、7日に始める旅行日程は全体登録者の22.7%にのぼり、本格的な秋夕連休に入る12日(20.3%)から始める日程よりも多かった。旅行期間も昨年の平均5.5日から今年は6日に増えた。一方、一日の平均観光日程は3.9件から3.2件に減った。

トリップルの関係者は「休養を重視する文化が広がり、連休自体は短くなっても連休前に年次休暇を取って長い旅行を楽しもうとする人が増えた」とし「旅行も日程を埋めるより、のんびりと動く人たちが増えている」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP