주요 기사 바로가기

ブルックス元司令官「GSOMIA終了中国により利益、TISA時は互いに情報隠しを疑い」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.30 12:07
0
ランドール・シュライバー米国防総省インド・太平洋次官補に続きヴィンセント・ブルックス元韓米連合司令官も、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了が北朝鮮と中国に利益を与えると述べた。ブルックス元司令官は29日(現地時間)、ボイス・オブ・アメリカ(VOA)放送の「北東アジア同盟構造の質が低下することは北朝鮮よりも中国の利益により合致する」と述べた。

ブルックス元司令官は「GSOMIA終了の決定は北東アジアで安定と繁栄を守る同盟構造の質を低下させることに寄与しかねない」とし「これは北朝鮮の利益よりは中国の利益により適合する可能性がある」と述べた。ランドール・シュライバー国防部次官補が前日、戦略国際問題研究所(CSIS)との公開対談で「韓日葛藤の唯一の勝者は我々の競争相手」とし「我々が直面している最も戦略的な課題は、現在展開している中国との競争」と述べたことと似ている。ブルックス元司令官は「しかし、中朝両国とも同盟構造を弱体化させるために価値を追求する」とし「北朝鮮はGSOMIA終了を韓日関係をさらに悪化させ、域内の安定を弱めることができる機会と見るだろう」と付け加えた。

続けてブルックス元司令官は、GSOMIAが2016年11月23日に施行される以前は「韓日両国が互いに情報を隠していると疑っていた」とも指摘した。

ブルックス元司令官は「2016年や2017年の初めは、確実にそれよりずっと前の情報が(米国を中間媒介として)中継されていた方式は効率的でなかった」とし「(韓日は互いに)一方が情報を隠していると疑い、葛藤状況を造成する傾向があった」と紹介した。また「韓米、日米間の情報共有は円滑にうまくいってきたため、問題は韓国と日本の情報共有機構が正常に実行されるかどうかだった」と付け加えた。2014年から存在した韓日米3者の情報共有約定(TISA)システムでは韓国と日本が中継者である米国に「デリケートな情報は相手に提供してはいけない」という条件を付けることができた状況を指摘したものと解釈される。

これに対しシュライバー次官補はCSISで「GSOMIAは韓日間で直接の機密情報を適時に技術的に転送できる早い速度で共有できるようにする協定」とし「複雑な安全保障環境では時間が絶対的に重要だ(of the essence)」と述べた。シュライバー次官補は「あなたがミサイル発射の可能性に注視している時、GSOMIA以前のように扱いづらく面倒な手続きを望まないだろう」と述べた。また、「もし韓国が日本の航空機に対する脅威に関する情報を入手した時は時間が重要なため米国が中間で情報を中継する必要がなく、日本が韓国の重要な情報を持っている逆の場合も同じ」と述べた。

シュライバー次官補は「このようにGSOMIA終了は、我々の安全保障の利益に衝撃を与え、我々の軍隊にリスクを増加させる」とし「特に韓半島(朝鮮半島)でそうなる」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP