주요 기사 바로가기

第一歩踏み出す前に危機…ボーイズグループX1は飛翔できるか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.28 14:34
0
「Fly High X1(エックスワン)です。よろしくお願いします」

先月終了したMnet(エムネット)のオーディション番組「PRODUCE X 101」で結成されたボーイズグループX1の初めての挨拶だ。27日にデビューアルバム「飛翔:QUANTUM LEAP」を発表し、ソウル・高尺(コチョク)スカイドームでデビュー・ショーケースとコンサートを兼ねた「プレミア・ショーコン」の舞台を控えたX1は緊張した様子がありありと見て取れた。

デビュー前から米ビルボード・アーティストチャート85位にチャートインし、2万席規模のコンサート会場をいっぱいに埋めるほどファンの熱烈な支持を受けたが「偽装工作論争が解消されていない状況で、デビューは時期尚早」という反対世論も強いためだ。真相究明委員会が番組放送終了後、最終1~20位の候補生の得票数がすべて7494.442の倍数で、順位間の得票差が一定だった点を踏まえ、製作陣を詐欺などの疑いで告訴・告発したところだった。

ソウル警察庁サイバー捜査隊が確保した製作陣の携帯電話から偽装工作に言及した録音ファイルが発見されるなど具体的な情況が明るみになり、疑惑はさらに増した。昨年放送された「アイドル学校」のファンもリアルタイム携帯投票の集計漏れなどを指摘し、真相究明委員会を結成して法的手続きを踏むという立場を26日に発表した。先に行われた「プロデュース」シーズン1~3をはじめ、他のオーディション番組まで信頼性を疑われることになった。

これについて取材陣の質問が繰り返されたが、彼らは「練習に邁進するため、そのニュースはよく分からない」という返答を繰り返した。リーダーのハン・スンウは「プレッシャーを感じるというよりは待ってくださったファンの皆さんに報いなければと思っている」とし「今回のアルバムで(物議を)忘れられるように払拭したい」と述べた。

代わりに11人のメンバーが1つになった姿を強調した。キム・ウソクは「アルバムが『飛翔』と「QUANTUM LEAP」の2バージョンに分かれている」とし「飛翔では11人が1つになって飛んでいくという意味で、QUANTUM LEAPは大きな跳躍を夢見るという意味を込めて作った」と説明した。リード曲「FLASH」もジャンプの動作を活用したダイナミックな振付けが際立っている。I.O.I(アイ・オー・アイ)、Wanna One(ワナワン)、IZ*ONE(アイズワン)に続き「PRODUCE」シリーズから4組目としてデビューした彼らは、今後5年間活動する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    第一歩踏み出す前に危機…ボーイズグループX1は飛翔できるか

    2019.08.28 14:34
    뉴스 메뉴 보기
    X1
    TOP