주요 기사 바로가기

2020東京パラリンピックのメダル…思い浮かぶのは?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.28 06:53
0
2020東京パラリンピックで使われるメダルのデザインが帝国主義の象徴である旭日旗を連想させるという論議を呼んでいる。

東京パラリンピック組織委は25日、公式ホームページとユーチューブを通じて大会の金・銀・銅メダルデザインの最終原本を公開した。組織委は421件のデザイン応募作の中で扇面が一つに束ねられるようなデザインを選定した。メダルの真ん中には大会の公式ロゴが刻印されており、複数の線が放射形に伸びている。線の間には花、木、岩などを表現する模様があしらわれている。メダルをデザインした松本早紀子さんは「扇の線が一つに束ねられるのは国籍と人種を問わず選手たちが一つに集まることを意味する」と説明した。また、線の間に描かれた花と木について「日本の魅力的な自然環境を形象化したもの」と強調した。

大韓障害人体育会は28日「国際パラリンピック委員会と東京組織委に抗議の意向を伝え、来月東京で開かれる選手団長会議でも問題を提起する予定」と明らかにした。

メダルのデザインを見て韓国のネットユーザーは旭日旗を連想させると反感を表わした。パラリンピックのロゴの位置を下に移せば旭日旗のデザインとさらに似ているという主張だ。

旭日旗退治キャンペーンを繰り広げてきた誠信(ソンシン)女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授は27日、CBSノーカットニュースを通じて「日本は過去にもオリンピックとワールドカップを旭日旗の広報手段にしてきたことがある」とし、「パラリンピックメダルのデザインが扇を形象化したというが、論議の余地が充分にある。線の間に描いた花と木は責任逃れの性格をもつと思う」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    2020東京パラリンピックのメダル…思い浮かぶのは?

    2019.08.28 06:53
    뉴스 메뉴 보기
    2020東京パラリンピックのメダルが公開された。[写真 2020東京パラリンピック公式ホームページ]
    TOP