주요 기사 바로가기

<柔道世界選手権>丸山に惜敗の金琳煥「東京五輪では金メダル挑戦」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.27 11:21
0
「来年の東京オリンピック(五輪)では金メダルを獲得したい」。

2019東京世界選手権大会で期待以上の成績を出した柔道男子韓国代表の金琳煥(キム・イムファン、世界25位)は、すでに2020年の東京オリンピック(五輪)を眺めていた。金琳煥は26日、東京武道館で開かれた2019世界選手権大会の男子66キロ級決勝で丸山城志郎(日本、2位)に一本負けし、銀メダルを獲得した。

予想外の善戦だった。金琳煥は今大会で優勝候補ではなかった。しかし惜しくも雪辱はならなかった。金琳煥は2月の2019デュッセルドルフグランドスラム決勝でも丸山に敗れていた。金琳煥は27日の電話で「初めて世界大会でメダルを獲得して気分がいい」としながらも「決勝で勝てなかったのは残念だった」と語った。

金琳煥は韓国柔道界のスターとして活躍する安昌林(アン・チャンリム、73キロ級)と同じ在日韓国人3世。東京出身で太極マークを付けるために韓国に来た。金琳煥は「ちょうど大会が東京で開催され、親、友人、学生時代の恩師が応援に来てくれた」とし「多くの方々の応援が聞こえ、ホームで試合をしているようだった」と言って笑った。

今大会で韓国柔道の最初のメダルを獲得した金琳煥は五輪のメダルにも言及した。今大会は来年同じ場所で開催される東京五輪の前哨戦。世界的な強豪が出場した。金琳煥は昨年まで韓国国内で「万年ナンバー2」だった。同じ階級のアン・バウルが懲戒を受けたことで、国際大会に出場する機会が増えた。

2016年リオデジャネイロ五輪の銀メダリストのアン・バウルは2月、兵役特例奉仕活動の証明書類で虚偽申告し、大韓柔道会から6カ月間の選手資格停止懲戒を受けた。アン・バウルは今大会の2回戦でモンゴルの選手(14位)と対戦し、反則負けとなった。金琳煥は残りの期間、アン・バウルと五輪行チケットをかけて激しく競争することにある。

金琳煥は「アン・バウルと五輪をかけて良い競争をしたい」とし「今のままでは難しく、実力がつけてこそ五輪で良い結果を期待できる」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <柔道世界選手権>丸山に惜敗の金琳煥「東京五輪では金メダル挑戦」

    2019.08.27 11:21
    뉴스 메뉴 보기
    金琳煥(キム・イムファン、左)が2019東京世界選手権で銀メダルを獲得した。[写真 大韓柔道会]
    TOP