주요 기사 바로가기

中国、GSOMIA破棄に神経尖らせる 「第三国の利益に損害与えてはならない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.23 13:54
0
中国当局は22日、韓国政府が韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄という強硬姿勢を取ったことに対し、このような措置が第三国の利益に損害を与えるべきではないとの立場を出し、これが中国などその他国家にどのような波紋を広げるのか懸念する立場を示した。

この日、中国当局は中国駐在の韓国報道機関の問い合わせに対し、「我々は最近、韓日関係が一部困難に直面していたことに注意を傾けていた」とし「韓国と日本はともに中国の重要な隣国で、双方が対話と交渉を通じて違いを埋めるよう願う」と話した。「同時に、我々は韓国と日本の関連両側が地域の平和と安定に有利な方向でものごとを処理するよう希望する」とし「第三国の利益に損害を与えてはいけない」と明らかにした。

中国の王毅国務委員兼外交部長は20~22日に北京で開かれた第9回韓日中外相会議期間に、韓日葛藤に関連して「中国もできることがあればする」と話していた。しかし、韓国がついにGSOMIA破棄の決定を下したことを受け、その波紋がどのように広がるかに神経を尖らせているようだ。中国や韓半島(朝鮮半島)非核化問題などに何らかの影響をもたらすのではないか鋭意注視しているといえる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国、GSOMIA破棄に神経尖らせる 「第三国の利益に損害与えてはならない」

    2019.08.23 13:54
    뉴스 메뉴 보기
    中国は韓国のGSOMIA破棄決定に対し、これが「第三国の利益に損害を与えてはいけない」とし、今後影響がどのように広がっていくかに対して敏感な反応を示している。[中国外交部ホームページ キャプチャー]
    TOP