주요 기사 바로가기

防弾少年団を育てたパン・シヒョク氏「K-POPもKゲームのように育てていく」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.22 13:53
0
韓国芸能事務所Big Hitエンターテインメント(以下、Big Hit)はどのような青写真を描いているのだろうか。防弾少年団(BTS)が連日前代未聞の記録を書き続けている中で、世界音楽産業従事者が注目している部分だ。韓国だけでなく、米国・英国などポップ市場の頂点に上った状況で、彼らの「ネクストステップ」に関心が集まっている。

21日、ソウル大峙洞(テチドン)で開かれた「共同体と共にするBig Hit会社説明会」に登場したBig Hitレーベル部門のパン・シヒョク代表は「音楽産業の革新」を話した。「従来の産業パラダイムを変えて新たなソリューションで売り上げ増大、市場規模の拡張、システムの改善」を実現し、これを踏み台として「グローバル音楽市場のフロンティアになる」という趣旨だ。

Big Hitの今年上半期の売り上げは2001億ウォン(約177億円)。すでに昨年の年間売り上げ2142億ウォンに迫る成果を上げている。上半期の営業利益も391億ウォンで昨年全体641億ウォンの60%水準だ。パン・シヒョク代表は音楽産業のパイを大きくするための戦略に先立ち、成長を遂げたゲーム産業モデルに言及した。2017年基準で韓国の音楽市場規模は9億6700万ドル(約1030億円)でグローバル市場に占める比率は2%に過ぎないが、ゲームは100億6500万ドルで6%台だ。

パン代表は「ゲーム市場規模は音楽の10倍に達するが、一日平均消費時間はゲームが1時間30分、音楽が1時間18分で大差ない」とし「音楽産業がその価値と拡張の可能性を十分に認められていない」と説明した。「技術の進歩、知識財産権(IP)の活用、アイテムの商品化などに後押しされてKゲームが今の場所まで来れたとすれば、K-POPもこのような革新が可能だ」と付け加えた。

Big Hitが自社プラットホームの開発に注力しているのもこのためだ。BTSが上半期のスタジアムツアーで得たチケット収益は7890万ドルと推算される。だが、公演チケットを購入した瞬間から該当都市に旅する旅程まで「市場」を大幅に拡大し、ファンに公演だけでなく観光・交通・宿泊情報などワンストップサービスを提供するという計画だ。今年6月、子会社benxから発売したファンコミュニティ「Weverse」とコマースサービス「Weply」はこのような変化の開始点だ。昨年はYouTubeと提携し、オリジナルドキュメンタリー『Burn the Stage』を公開し、今年は『BRING THE SOUL:DOCU-SERIES』を27日からWeverseで独占公開する。

2カ月の間にWeverseに加入した会員だけで229カ国・200万人に達する。関連グッズの販売もWeplyに一本化し、海外ファンも韓国と同じサービスを受けられるようにした。NAVER(ネイバー)ラインフレンズとコラボレーションしたキャラクター「BT21」やネットマーブルと合作したゲーム「BTS WORLD」などで自信をつけ、追加IP開発にも積極的だ。パン・シヒョク代表は「BTSの2つ目のゲームとドラマも準備中」と明らかにした。

Big Hit所属のTOMORROW X TOGETHER(TXT)だけでなく、SOURCE MUSICの買収によりBig Hitの一員となったガールズグループのGFRIEND、下半期グローバルオーディションを通じてお披露目する新人ガールズグループもIPを活用した付加事業を強化する計画だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    防弾少年団を育てたパン・シヒョク氏「K-POPもKゲームのように育てていく」

    2019.08.22 13:53
    뉴스 메뉴 보기
    パン・シヒョク代表は「年に2回は説明会の場を用意する」と明らかにした。[写真 Big Hitエンターテインメント]
    TOP