주요 기사 바로가기

【コラム】安倍首相の経済挑発を産業構造革新の契機にしよう(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.22 09:37
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8月15日の光復節(解放記念日)の演説で、「誰も揺るがすことのできない国を作ろう」と述べた。揺るがない国とはどんな国なのか。「根深き木は風に揺れず、花美しく実り多し」という竜飛御天歌(朝鮮王朝礼賛の歌集)第2章が思い浮かんだ。その通りだ。根深い木は風に揺れないように、根が丈夫な国は外国の圧力にも揺るがない。では、果たして国の根とは何か。日本はいま「技術」で大韓民国を揺るがそうとしている。技術が国家の根であるのは間違いない。

一輪の花が咲いて実になるためには、春から畑を耕して肥料をまいて水をやらなければいけない。こうした長い努力を知らない人たちは、秋の収穫期に入ってからどうやっておいしい果物を取って食べるかという点ばかりを議論する。製品の生産と輸出は自ずと進むと考える人が多いようだ。製品をどのように開発してうまく作るかを話す人が多くないからだ。

私は韓国国民には危機克服のDNAがあると信じている。5000年の歴史の中で何度も外国の侵略を経験しながらも生き残り、今日の世界10大経済大国を成し遂げた。通貨危機当時も世界の人々が驚くほど短期間で克服した。いま日本の経済挑発で国家の産業が揺らいでいるが、これもまた賢く克服するだろう。IMF通貨危機のおかげで構造改革をし、10年後に迎えた米国発金融危機も大きな苦痛なく乗り越えることができた。後に日本の経済挑発は韓国の産業構造を強化させる刺激剤になったと歴史に記録されるだろう。私はこの危機の瞬間が後に誇らしい歴史として記録されるための3つのことを提案したい。

◆国産化する部品を決めて着実に支援すべき

まず、未来産業構造の総合戦略が必要だ。一つの製品が作られるためには数万、数千個の原料・素材・部品が必要となる。ここで素材とは一般的に原料を加工して得る中間段階の原資材をいう。どの企業、国家であれ、こうしたすべてのものを自分たちで生産できれば理想的な産業構造といえる。

しかし現実にはそれほど簡単なことではない。すべての原料を生産する国はない。そしてすべての素材・部品を自分たちで生産する国もない。すべて作るとしても品質や価格の側面で国際競争力を持てるわけではない。

それで最終製品を生産する会社は世界から最も安く品質が良いものを購入して使う。過度な愛国心で国産部品だけを使用すれば、完成品が競争力を維持するのが難しい。自然に国際的な分業体系が形成される。これは人為的に作られたものではなく、安くて品質が良い最高の製品を求めたところ、そのような分業体系が形成されたのだ。

こうした国際分業体系には致命的な弱点がある。一つの国が挑発すれば全体の秩序が崩れる。それで大企業は複数の部品購入先を維持しようと努力している。ところが今回の日本の事態のように友邦国が挑発するケースは予想できなかったようだ。

この機会に政府は素材・部品の総合的な需給戦略を樹立しなければいけない。どっちみちすべての素材・部品を自ら生産することはできない。選択と集中を通じて国産化すべきアイテムを選定する必要がある。この時、素材・部品の購入先と技術レベルを確認しなければいけない。

輸入国を多角化すべき品目、国産化すべき品目は何かを決め、国産化が決まった製品に対しては忍耐を持って支援する。技術開発は一日でできるものではない。政治家と公務員の焦りは問題を引き起こしたりする。
【コラム】安倍首相の経済挑発を産業構造革新の契機にしよう(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】安倍首相の経済挑発を産業構造革新の契機にしよう(1)

    2019.08.22 09:37
    뉴스 메뉴 보기
    【コラム】安倍首相の経済挑発を産業構造革新の契機にしよう
    TOP