주요 기사 바로가기

「ボイコット・ジャパン」の中で7月の訪日韓国人観光客、前年より7.6%減

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.22 07:09
0
7月1カ月間日本を訪問した韓国人観光客の数が昨年7月に比べると7.6%減少した56万1700人だったと日本政府観光国(JNTO)が21日、発表した。7月1カ月間日本を訪問した全体外国人観光客の数は昨年同月より5.6%増えた299万 1200人だった。

国別では中国が19.5%増えた105万500人で最も多く、韓国は2番目だった。

時事通信は「最近韓国経済の不振を背景に旅行者数は低調に推移していた。こうした中、日本政府が7月初め、半導体材料の対韓輸出管理を強化したことに反発が広がり、訪日を控える動きに火が付いた」と伝えた。

通信は「日韓関係の悪化を受けて韓国の航空各社が日本路線の大幅縮小や運休を決めており、マイナス幅は今後拡大する可能性がある」とした。

菅義偉官房長官など日本政府は韓国人観光客の減少に対して「中国と他の国の観光客が伸びており、全体の観光客誘致の目標には大きな影響がない」という立場を明らかにしている。JNTOの21日発表によれば去る1月から7月まで日本を訪問した外国人観客数は昨年同期に比べると4.8%増加した1962万4800人だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ボイコット・ジャパン」の中で7月の訪日韓国人観光客、前年より7.6%減

    2019.08.22 07:09
    뉴스 메뉴 보기
    仁川空港[中央フォト]
    TOP