주요 기사 바로가기

韓国で中古日本車の価格が急落…最大62%も

ⓒ 中央日報日本語版2019.08.21 15:30
0
韓国市民の日本製品不買運動の余波で、韓国で販売された日本車の中古車価格が急激に下落したことが分かった。

韓国オンライン中古車競売サービス「ヘイディーラー」は20日、日本製品不買運動による中古車市場の人気度変化(今年6-8月)を分析した結果、日本車の中古車価格は50%以上も下落した。

車種別にはレクサスES 300hが62%で最も大幅に下落した。続いてトヨタ・カムリ(60%)、日産アルティマ(57%)、インフィニティQ50(53%)、ホンダ・アコード(52%)の順だった。

また中古日本車1台あたりの平均入札ディーラーも6月から3カ月連続で減少した。6月は8.9人、7月は6.6人、8月は3.8人だった。

一方、日本車を中古車として販売しようとする個人の出品台数は大きく増えた。インフィニティQ50の場合、不買運動前に比べて127%増となり、トヨタ・カムリは65%増、日産アルティマは49%増となった。

ヘイディーラーの関係者は「日本不買運動の余波が7月に続いて8月にも中古車市場に大きな影響を及ぼしている」とし「日本車の中古車相場がさらに下落する可能性もある」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国で中古日本車の価格が急落…最大62%も

    2019.08.21 15:30
    뉴스 메뉴 보기
    トヨタ「ニュー・カムリ・ハイブリッド」
    TOP