주요 기사 바로가기

韓国企画財政副長官「来年、システム半導体・AI・5Gなどに4.7兆ウォン投資」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.21 10:37
0
洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官が21日「2020年4兆7000億ウォン(約4135憶円)の大規模の財政を投資して革新成長を拡散し加速化するだろう」と明らかにした。

洪副首相はこの日、汝矣島(ヨイド)輸出入銀行で革新成長戦略会議兼経済関係長官会議を開いて冒頭発言を通じて「来年にデータ・ネットワーク(5G)・人工知能(AI)などの『DNA』分野に1兆7000億ウォン、システム半導体・バイオヘルス・未来車など『BIG3』分野に3兆ウォンなど計4兆7000億ウォンを投資する予定」と明らかにした。核心分野に資源を集中して革新成長を他分野に連鎖的に拡散するという戦略だ。

彼は「中小企業に対するAIバウチャー事業を新規導入し、5G初期市場の創出のために老朽化した施設のデジタルツイン(Digital twin・物理的なモノと同様に実現される仮想モデル)を構築するなど、波及効果が大きい事業を新規推進するだろう」と説明した。

BIG3分野に対しては「システム半導体の全周期の研究開発およびテストベッドを構築して医療データを中心にした病院のビッグデータプラットホーム構築事業などと、未来車の技術競争力の向上に受けた水素車・電気車向けのバッテリー技術開発などを新規推進するだろう」と説明した。

洪副首相はエネルギー効率革新戦略に対しても「テレビ、冷蔵庫など高効率の家電製品19品目の購買価格の一部を払い戻しし、事業場が自主的に提示したエネルギー効率改善目標を達成すればエネルギー義務診断の免除など恩恵を提供するだろう」と明らかにした。

また「韓国電力公社・ガス公社などエネルギー供給者に削減目標を与えてこれに相応する効率向上に向けた投資を義務付けるだろう」と付け加えた。

洪副首相は「人材、規制、労働の3大革新基盤を強化し、革新を加速化していく」として「2023年までにAI人材など20万人以上の革新人材を育成し、未来予測に基盤を置く先制的な規制廃止ロードマップを全部署に拡散する方針も積極的に推進する」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国企画財政副長官「来年、システム半導体・AI・5Gなどに4.7兆ウォン投資」

    2019.08.21 10:37
    뉴스 메뉴 보기
    洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官
    TOP