주요 기사 바로가기

王国務委員、河野外相に会って「一方主義に反対」明言

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.21 09:09
0
中国の王毅国務委員(外交担当)兼外交部長が20日、河野太郎外相と会って保護主義と一方主義に反対するという考えをはっきりと明らかにした。

20日、中国外交部によると、王国務委員は同日、韓日中外相会議参加のために訪中した河野外相と北京郊外の古北水鎮で二国間会談を行い、このような立場を表明した。

王国務委員は「最近の中日関係改善を大切に考えなければならない」とし「両国指導者が戦略的に引っ張っていき、両国国民が共同で努力して明るい未来を迎えるだろう」と評価した。

あわせて、政治および経済貿易、人民分野の協力強化など多国間分野協力の必要性にも言及した。

王国務委員は「両側はあらゆる形の保護主義と一方主義に反対し、多国間主義と自由貿易、そして国連を核心とする国際体系を守らなければならない」と強調した。

中国外交部はこの日会談で、王国務委員が韓日貿易葛藤問題に言及したかどうかについては明らかにしなかった。

反面、米国が中距離核戦力(INF)条約を破棄してアジア地域に中距離ミサイルを配備しようとしていることについて反対の立場も伝えた。これは米国のミサイル配備要求に応じるべきではないという警告性の発言とみられる。

河野外相はこの日の会談で、防御的な防衛政策を持続するという立場を再び明言したと中国外交部は伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP