주요 기사 바로가기

サムスン、日本で規制対象のEUV技術を説明

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.21 07:53
0
サムスン電子が来月、日本で先端半導体技術を紹介する「サムスン・ファウンドリー・フォーラム(SFF)2019ジャパン」行事を予定通り開催する。特に日本が素材輸出規制のターゲットにした極端紫外線(EUV=Extreme Ultra Violet)工程に関する説明もする予定だ。

業界によると、サムスン電子は9月4日に東京の品川インターシティホールで開催されるグローバルファウンドリーフォーラムに向けて最後の準備作業に取り組んでいる。このフォーラムは、サムスン電子が2016年から毎年、主要国を回りながらファブレス(半導体設計専門会社)顧客とパートナーを対象にサムスンファウンドリー(半導体委託生産)事業の最新技術を紹介し、協力関係を深めるために開いている行事。

今年は米国(5月)をはじめ、中国(6月)、韓国(7月)で開催し、日本(9月)とドイツ(10月)での行事が予定されている。今回の日本行事にはチョン・ウンスン・ファウンドリー事業部社長とイ・サンヒョン・マーケティングチーム長(常務)が出席する予定だ。この行事でサムスン電子はアプリケーションプロセッサ(AP)「エクシノス9825」など7ナノEUV工程で製作した製品、4月に業界で初めて開発に成功した5ナノ工程、来年から本格的に稼働する華城(ファソン)EUV専用生産ラインなどを紹介するという。また、ファブレス顧客に製品設計を支援する「SAFE」(サムスン・アドバンスド・ファウンドリー・エコシステム) プログラムを積極的に知らせる。

日本政府は先月、韓国に対する半導体・ディスプレー素材3品目の輸出を規制し、EUV工程に必須のフォトレジスト(PR)を規制対象に含めた。これについて国内外の業界では「日本が韓国の次世代半導体技術を牽制するため」という解釈も出ている。

しかしサムスン電子は両国の緊張関係の中でも東京での行事を予定通り開催することにした。サムスン電子の関係者は「ファウンドリーフォーラムはサムスン電子の『半導体ビジョン2030』と密接な関係があるうえ、顧客と信頼関係を深めて事業を拡張する機会」と述べた。サムスン電子は4月、133兆ウォン(約12兆円)を投資して現在世界1位のメモリー半導体だけでなくシステム半導体でも2030年までに世界トップを達成するという青写真を発表した。

業界関係者は「最近の韓日間の貿易紛争は政治的な性格を帯びている。両国の企業関係者や業界は依然としてビジネス協力に関心が大きい」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン、日本で規制対象のEUV技術を説明

    2019.08.21 07:53
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子
    TOP