주요 기사 바로가기

ベッツ米国務省防衛費分担交渉代表が訪韓…分担金カードでいくらを提示するだろうか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.19 08:08
0
第10回韓米防衛費分担金特別協定(SMA)の米国側交渉代表であるティモシー・ベッツ米国務省副次官補が18日訪韓したと精通した複数の外交消息筋がこの日、明らかにした。ベッツ前代表は20日ごろ、韓国外交部の張元三(チャン・ウォンサム)韓米防衛費分担交渉代表などと会談する予定という。第10回SMAは前年度より8.2%引き上げられた1兆389億ウォン(約912億円)に今年2月妥結したことがある。

ベッツ前代表と張前代表の公式の役割は終わったが、両国がまだ第11回SMA交渉代表を任命していないことから二人が事実上代表の役割を果たしている。

ベッツ前代表の訪韓は米国政府が韓国と日本など同盟国の防衛費分担金の適用方式を変更するために今年上半期に行った「グローバルレビュー」を終えてその結果を説明する次元だが、事実上次期交渉開始の信号弾という指摘だ。

ペツ前代表が米側のSMA交渉の新しい代表と同行するかどうかは確認されていない。

ある外交消息筋は「今回の訪韓は米国側の要請で実現したと承知している」とし、「先月、ボルトン補佐官が次期防衛費分担金交渉の概括的な事項を説明したといえば、ベッツ前代表はもう少し具体的な話をするのではないか」と話した。

ただし、ベッツ前代表は昨年張前代表との数回の交渉を通じて韓国側の立場を十分に理解している人物と知られている。張前代表とも深い信頼関係を形成しているという。米政府の大幅な引き上げの気流に対して韓国側に交渉開始の前にあらかじめ了解を求め、新しい代表の負担を減らす「予防注射」次元の訪韓という見方もある。

米国が次期交渉において桁外れの金額の引き上げを要求するという点は韓国政府もすでに感知している。

ドナルド・トランプ米大統領が公開席上で「50億ドル」と言及し、米政府が次期交渉の最大目標値をこの金額に決めているだろうという声もある。

トランプ大統領は去る7日(現地時間)にもツイッターで「韓国と防衛費分担金交渉を始め、韓国が増額に同意した」と主張した。

次期交渉で米国は既存の防衛費分担金の概念を変えて新しい計算法を韓国に提示するものと見られる。韓米合同演習の個別請求など項目もすでに取り上げられている。

これを受け、韓国では「在韓米軍の人件費まで韓国側に負担させるのは在韓米軍地位協定(SOFA)の改正事案」と指摘する声が出ている。外交部当局者は「まだ交渉は公式に開始されておらず、政府内で検討中」という立場を再度明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ベッツ米国務省防衛費分担交渉代表が訪韓…分担金カードでいくらを提示するだろうか

    2019.08.19 08:08
    뉴스 메뉴 보기
    ティモシー・ベッツ米国務省防衛費分担交渉代表
    TOP