주요 기사 바로가기

韓経:サムスン、国内のLCD生産を半分に縮小

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.16 15:21
0
サムスンディスプレイが月間12万枚規模の国内大型LCD(液晶表示装置)生産ラインの稼働を中断する。中国発のLCD供給過剰に米中貿易紛争までが重なり、世界的にテレビの需要が減少しているからだ。

業界によると、サムスンディスプレイは月間9万枚のLCDパネルを生産する忠清南道牙山(アサン)事業場の第8.5世代LCD生産ラインL8-1の稼働を今月中断する。またL8-2-1ラインも来月から月間生産量を3万枚減らす予定だ。国内で毎月生産していたLCDパネル約25万枚のうち半分近い物量の生産を中断するということだ。

サムスンディスプレイはこの空間に次世代ディスプレーの量子ドット(QD)OLED(有機発光ダイオード)パネル生産に向けた投資を検討しているが、また最終決定はしていないという。LGディスプレイも京畿道坡州(パジュ)の第8.5世代LCD生産ラインP8-2の稼働中断を検討している。

国内ディスプレー業界が相次いで稼働を停止するのはLCD価格が急落して損失が膨らんでいるからだ。市場調査機関IHSによると、7月の43インチLCDパネル平均販売価格は77ドルと、前年1月(106ドル)比で27%下落した。ディスプレー業界の「脱LCD」が予想より早く進行し、近く人員削減があるという見方も出ている。

◆供給過剰に米中紛争でテレビ需要減少…LCD発人員削減を予告

韓国国内ディスプレー業界のLCD(液晶表示装置)パネル生産ライン稼働中断は予想されていた。2017年に世界1位LCD企業だったLGディスプレイが中国BOEに追い越されてからだ。LGディスプレイとサムスンディスプレイはすでに「脱LCDおよびOLEDへの転換」を進めている。供給過剰がさらに深刻になる前に中国企業が簡単に追いつけないOLED事業に移行するという計画だった。

問題はLCD業界の不況が予想より早く訪れたという点だ。中国企業が大型LCDパネルを量産する中、米中貿易紛争による景気減速でテレビの需要が冷え込んだからだ。テレビに入るLCDパネルの価格は5月からまた急落した。国内ディスプレー業界はLCDで稼いでOLEDに投資する計画だったが、LCD事業で今年上半期に数百億ウォンの赤字を出した。LGディスプレイは上半期に5008億ウォン(約440億円)の営業赤字を出した。LGディスプレイは依然として売上高の70%以上をLCDに依存している。

◆LGディスプレイも稼働中断を検討

サムスンディスプレイだけでなくLGディスプレイも第8.5世代LCD生産ラインの稼働中断を考慮している背景だ。中国テレビ企業の販売が振るわず、中国ディスプレー業界の在庫も急速に増加している。LGディスプレイのソ・ドンヒ最高財務責任者(CFO、専務)は「すでに坡州第8.5世代LCDラインは在庫調節のため稼働率を調整している」とし「今後の意思決定内容は単なる稼働率調整でなく、ラインを稼働すべきかどうかまで含めて考慮している」と伝えた。稼働率調整とは設備を遊休状態にして稼働率を人為的に引き下げることをいう。第8.5世代LCDを生産している坡州P8工場の稼働率は60%水準まで落ちている。

LGディスプレイはLCD生産ラインの稼働を中断し、これをOLEDラインに転換する計画だ。この過程で人員削減は避けられないと予想される。生産製品を変更する過程で生産量が大幅に減り、人員が余る可能性があるためだ。LGディスプレイは昨年7-9月期、創業以来初めて生産職の希望退職を受け付けた。今年4-6月期末の職員数は2万9147人と、1年前(3万3522人)に比べ13%以上減少した。

LGディスプレイは運営資金を確保するために先月31日、8134億ウォン規模の海外転換社債を発行した。1年後に株式に転換できる債券が大量に発行され、流通量拡大による株価下落の懸念はさらに強まった。市場では人員削減なしには資金調達のための新規投資家募集は難しいという見方が出ている。グループレベルでは系列会社への生産職転換配置なども検討しているという。

先制的に生産量を減らしたサムスンディスプレイはLCDへの依存度が20%にしかならない。それでも工場の稼働中断による追加の人員削減は避けられないとみられる。

◆大型OLED投資が加速

LGディスプレイは29日に開かれる中国広州工場竣工式をきっかけに「OLEDグローバル化戦略」を加速する計画だ。大型OLEDを生産する企業はLGディスプレイが唯一。中国テレビ企業もプレミアムテレビを生産するためにOLEDパネル購買を望むが、パネルが不足して売れない状況が続いている。広州工場が稼働に入れば供給は円滑になる。試験生産過程で収率を高めるのに注力している。

サムスンディスプレイも大型LCDに代わるQD OLEDを研究開発している。LCD生産ラインの稼働を中断し、ここをQD OLED生産ラインに転換する計画だが、量産能力確保などの問題で1年近く関連投資が遅れている。

7-9月期から家電業界のシーズンが始まるだけに、LCDパネル価格が小幅反騰するという期待も出ている。しかしこれは一時的な反騰にすぎず、長期的な実績改善につながらないという分析が多い。韓国投資証券のユ・ジョンウ研究員は「LCDパネルの価格が下落する限り、OLED事業の拡大を通じた収益性改善は容易でないだろう」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:サムスン、国内のLCD生産を半分に縮小

    2019.08.16 15:21
    뉴스 메뉴 보기
    京畿道坡州にあるLGディスプレイのモジュール工場で職員がLCDパネルを組み立てている。韓経DB
    TOP