주요 기사 바로가기

『ウェルカム2ライフ』Rain、気分のいい予感的中、第2の全盛期始動

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.08.14 15:34
0
歌手兼俳優のRain(チョン・ジフン、37)が俳優としての低迷に打ち勝ち、第2の全盛期に拍車をかけている。

「うまくいきそうだ」という気分のいい予感が的中し、月火ドラマのトップを走っている。格好良さを手放し、変化を選んだ。危機の瞬間、勇気を出してもう一度挑戦した。そして、それは通用した。『ウェルカム2ライフ』1話は4.5%、2話は6.3%(ニールセンコリア全国基準)と視聴率月火ドラマ1位でスタートを切った。6話まで放送された中、首都圏視聴率6.4%、全国視聴率5.6%を記録し月火ドラマ1位を維持している。広告界の主要な指標である2049(20~49歳)視聴率は2.7%を記録し、自己最高を更新した。

5日に初回放送されたMBC(文化放送)月火ドラマ『ウェルカム2ライフ』は自分の利得ばかり追い求めていた悪徳弁護士役のRainが事故でパラレルワールドに吸い込まれ、堅物の検事として改過遷善し繰り広げるロマンチック・コメディの捜査物だ。Rainは現実の悪徳弁護士イ・ジェサンとパラレルワールドの正義の検事イ・ジェサン役をこなしている。極端に相反する姿を行き来する1人2役として現実とパラレルワールドの秘密を解き明かさなければならない役割だ。弁護士であり検事、父で夫と独身など多彩な姿を演じなければならないため決して容易ではない配役だったが、挑戦の意志を燃やした。「新たなRain、自分はやらなかった姿を表現したかった。単純な表情まで変えたかった」という意志のRainだった。

何よりもRainがドラマのオファーを受けた時期は、映画『自転車王オム・ボクドン』の傷が癒える前だった。昼夜の演技に悩んで本気で打ち込んだこの映画の成績は累積観客数17万2212人だった。20万人を超えられず数値が物語るように映画への酷評は絶えなかった。『自転車王オム・ボクドン』が最も大きな傷を残したが、それ以前も興行成績は良くなかった。『サンドゥ、学校へ行こう』(2003)、『フルハウス』(2004)、『このろくでなしの愛』(2005)の興行と好評を導いた第1の全盛期とは異なり、低調な成績の枷からなかなか抜け出せなかった。『逃亡者 PLAN B』(2010)、『僕にはとても愛しい彼女』(2014)、『帰ってきてダーリン!』(2016)、『スケッチ』(2018)などで下り坂を歩んでいた。

「Rainではもう興行は難しいのか」このような業界の反応まで出てきた刹那、Rainは逃げではなく「挑戦」に乗り出した。『ウェルカム2ライフ』出演のオファーを悩んだ末受け入れ、再び俳優として羽ばたき始めた。リラックスしてドラマに溶けこんだ。まず力を抜いた。コミカルな状況のときに思いっきり壊れ、滑稽な表情の演技で笑いを届け、捜査の過程では誰よりも落ち着いた姿で見る人を圧倒した。現実で呼吸器を付けている自分の姿を発見して1週間の時間が与えられ、現実に戻るためには意識を回復しなければならないというヒントを組み合わせて、ドキドキさせた。笑いと緊張のバランスを崩さず、ドラマの完成度を高めている。

ある芸能関係者は「『サンドゥ、学校へ行こう』『フルハウス』で見せてくれたRainの姿に戻ったようだ。実際、一家庭の家長だが、劇中の夫や父親の役割を務めると決意するのは容易ではなかっただろう。その変化が良かった」としつつ「やはり俳優は自分が最も得意なことをやるべきだ。全盛期の頃のRainの姿をまた見るようで嬉しい」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    『ウェルカム2ライフ』Rain、気分のいい予感的中、第2の全盛期始動

    2019.08.14 15:34
    뉴스 메뉴 보기
    Rain
    TOP