주요 기사 바로가기

韓国製品の不透明な受給見通しで…日本でDRAM価格20%上昇

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.14 11:36
0
メモリー部品のDRAM需給見通しが悪化し、日本国内のパソコン用DRAM価格が上昇したことが分かった。日本経済新聞は13日(現地時間)、東京秋葉原でパソコン用DDR4 8GB(ギガバイト)DRAM2枚組みが8000-9000円で販売されていると報じた。これは1カ月前に比べて10-20%高い。

日本消費者向けDRAM価格はDRAMスポット(随時契約)価格に基づいて変動する。DRAMスポットは日本政府が韓国に対する半導体輸出規制に入って1カ月間に20%近く上がった。韓国が世界DRAM市場の75%を占めているため、韓日経済戦争が事実上始まると需給の見通しが不透明になったと、市場が判断したのだ。

同紙は「韓日の衝突がゲーマーに予想外の波紋を起こしている」と分析した。ゲーマーは高画質イメージを使用するゲームをするためメモリー部品を追加する。メモリー部品として日本で最もよく売れる製品はDDR4 8GB。

さらに先月、米国半導体ブランドがゲーミング用高性能中央演算処理装置(CPU)、画像処理半導体(GPU)を相次いで発売し、ゲーマーのメモリー部品に対する需要も増加した。このため秋葉原の電気街ではメモリー部品の品薄現象まで生じている。同紙は「秋葉原の売り場で性能が高いモデルを中心に品切れ状態が続いている」とし「1人あたりの販売個数を制限する店も出ている」と伝えた。

日本調査会社BCNの森英二アナリストは「ゲーミング需要が成長する中、韓国に対する輸出管理強化の余波が及んだ」とし「メモリー部品の品切れ現象が続く可能性がある」と分析した。

一方、青瓦台(チョンワデ、大統領府)の高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官は13日の記者会見で「昨日の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第次長の発言の後、DRAM(輸出規制)が韓国政府の相応の措置の一つと解釈する見方が多いが、そうではないという点を申し上げておく」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国製品の不透明な受給見通しで…日本でDRAM価格20%上昇

    2019.08.14 11:36
    뉴스 메뉴 보기
    東京秋葉原[中央フォト]
    TOP