주요 기사 바로가기

【社説】青瓦台は北朝鮮の挑発・暴言になぜ何も言えないのか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.13 09:40
0
北朝鮮は5月から7回、特に最近半カ月間に5回にわたって短距離ミサイルと放射砲を発射した。米国でも日本でもない韓国だけを狙ったミサイルを3日に一度は発射したわけだ。経済制裁を甘受し対話局面を通じて時間を稼ぎながら必死に開発した新型兵器をまるでノーマークチャンスをつかんだように思う存分性能試験をしているということだ。低高度軌跡と迎撃回避飛行などミサイル防御網を無用の長物にした新技術を立証させた北朝鮮版イスカンデルミサイルは核弾頭を搭載することができる。次は実践配備だ。今まで北朝鮮の短距離戦力の主力だった古いスカッドミサイルとは比べ物にならないほど新しい脅威が現実化している。

残念なのは青瓦台と韓国軍当局の姿勢だ。対応発射はもちろん、軍首脳部名義のまともな警告声名すらなかった。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は最近5回にわたる挑発に対してただ一度も国家安全保障会議(NSC)を主宰しなかった。代わりに鄭義溶(チョン・ウィヨン)安保室長が駐在したり、関係長官会議を通じて対応したりしたのが全部。6月ロシア軍用機が独島(ドクト、日本名・竹島)の上空を侵犯する未曽有の事態が起きた時もNSCは開かれなかった。さらに国会に出席したノ・ヨンミン秘書室長がこれを指摘する国会議員の質問に「大統領はご飯も食べられないのか」と応酬することもあった。

その一方で、北朝鮮に対しては何も言えていない。北朝鮮が青瓦台を動物に比喩したり、紙面に掲載することも恥ずかしい暴言を吐いたりしているが、青瓦台と軍・政府当局は沈黙している。北朝鮮外務省のクォン・ジョングン局長は11日付談話文で「青瓦台の振る舞いがわれわれの目にはおじけづいた犬がさらにうるさくほえまくること以上には見えない」「そのように安保を考える青瓦台だから明け方に寝ていられないだろう」と揶揄した。青瓦台に対する侮辱は国民全体に対する侮辱なのに当局は限りない忍耐心を発揮している。2016年11月フェイスブックに「相手方の国家元首を暴言で侮辱するのは国民全体を侮辱することだ」と書いた人は当時野党代表だった文在寅大統領だった。

万一、政府内で北朝鮮の度重なる挑発を韓米合同演習に対する抗議の次元だと見なす認識があればこれはさらに懸念されることだ。一部では韓米合同演習の指揮所訓練が終われば米朝対話が再開されるだろうと見ているようだ。ところが、北朝鮮は対話が再開されても韓国当局は徹底して排除するという意向を露骨に表わしている。

しかも、ドナルド・トランプ米大統領は「短距離ミサイルは(米国に)脅威にならない」として金正恩氏に相槌を打っているような姿だ。金正恩氏はトランプ大統領を相手にする今こそ韓米関係において米朝直取引で自身の立場を貫かせる絶好の機会と捉えているようだ。このような状況を放置すれば、北朝鮮に頬を叩かれ米国には後頭部を叩かれることが現実で起きないと言い切ることはできない。トランプ大統領が9日、再選募金行事で文大統領のイントネーションをまねて皮肉ったのは昨今の韓米同盟の現実を見せる。

今でも青瓦台は北朝鮮との対話だけに執着している外交安保戦略の全面的な軌道修正に出てほしい。北朝鮮の挑発には厳しい態度で対応し、米国との緊密な疎通で広がった隙間を埋める必要がある。そうしてこそ北朝鮮に無視されず韓国の国家尊厳と国益を守ることができる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP