주요 기사 바로가기

トランプ大統領「神風、祖国への愛で飛んだ」…米専門家「米国攻撃した特攻隊美化するのか」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.13 08:56
0
トランプ大統領が9日(現地時間)不動産財閥スティーブン・ロス氏のニューヨーク近郊の別荘で開催した後援会の余波が大きい。

トランプ大統領はロス氏らが主催した後援会で演説し1200万ドルを募金したとニューヨークポストが報道した。この後援会に参加した人たちは1人当たり25万ドルを出した後にトランプ大統領と個別に言葉を交わし写真を撮影できたという。

行事が終わった後にロス氏が株式を持っているフィットネスセンターチェーンのエクイノックスとソウルサイクルに対する不買運動が広がっている。白人優越主義と人種差別主義などを助長するトランプ大統領を後援したという理由からだ。エクイノックスの有名トレーナーでインフルエンサーのベック・ドンラン氏は「エクイノックスを辞める」として抗議し、会社には会員券取り消しの問い合わせが殺到した。ロス氏が開発を主導したニューヨークのハドソンヤードでファッションショーをすることにしていたプラバル・グルン氏も「トランプ大統領の人種差別に反対する」としてショーをキャンセルした。エクイノックスの広報担当者はCNNを通じ「われわれは(トランプ大統領の)後援行事と関係ない」と訴えた。ロス氏本人も「私は人種平等主義と包容性と多様性の永遠の擁護論者」という立場を出した。

今回の後援会はトランプ大統領自身にも議論を残した。ニューヨークポストはトランプ大統領が「幼いころにブルックリンの賃貸マンションで114ドル13セントを集金することより韓国から10億ドル(防衛費分担金)を受け取る方が簡単だった」として文在寅(ムン・ジェイン)大統領を揶揄するようなジェスチャーをしたのに続き、第2次世界大戦で米国を攻撃した日本の神風特攻隊を称賛したと報道した。

同紙はトランプ大統領が「日本との友情、特に安倍首相の父親に魅了されたと話した」と報道した。トランプ大統領は安倍首相に「神風のパイロットは(攻撃前に)酒や薬物で酔っていたのか」と尋ね、安倍首相は「違う。彼らはただ祖国を愛していただけだ」と答えたと伝えた。続けて「燃料タンクを半分だけ満たした飛行機に乗って祖国に対する愛で飛んで行くことを想像してみなさい」と話したという。これに対してある米国シンクタンク所属博士は中央日報に「自身の祖国を攻撃した神風特攻隊をこのような形で美化するとは信じられない」と批判した。

トランプ大統領がこの日北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長に対し「人々が彼は私と会ったときだけ微笑を浮かべるという」と話したことも逆風を呼んだ。民主党のテッド・リウ下院議員は11日「12個の核兵器を作ったのにあなたを見れば当然微笑を浮かべるほかないだろう」とツイートした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP