주요 기사 바로가기

韓経:「韓日紛争」に大打撃のエンタメ株…JYP、12%急落

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.06 14:50
0
韓流ブームに乗って急騰した韓国エンターテインメント株が急降下している。最近、韓日関係が冷え込みながら芸能企画事務所の主要収益源の一つである日本活動が萎縮するだろうとの懸念が高まっている。業界1位のSMエンターテインメントに機関投資家が求めた経営改善方案をSM側が拒否したことも悪材料として作用した。

5日、コスダック(KOSDAQ)市場でJYPエンターテインメントは2450ウォン(12.13%)下落した1万7750ウォンで取引を終えた。SM(-8.49%)、YGエンターテインメント(-10.08%)も急落した。この日、コスダック指数が7.46%急落した中でエンタメ株の下落幅はそれを上回った。現代車証券のユ・ソンマン研究員は「韓日関係の悪化が長期化すれば、日本国内のK-POP活動に制約を受けかねないという懸念がバリュエーション(実績比株価水準)下落で現れている」と説明した。

エンタメ株は2016年、中国のTHAAD(高高度ミサイル防衛体系)報復当時に株価が急落して以降、「YouTube熱風」に乗って盛り返した。JYP株価は2年ぶりに4000ウォン台から3万9800ウォン(2018年10月)と10倍近く上昇した。

だが、今年初めのYGの「V.I(ヴィアイ)事態」でエンタメ業種全般の市場不信が高まり、上昇の勢いが一段弱まった。

その後、韓日関係が急速に冷え込みながら、1年も経たないうちに株価が半分になった。韓日関係の悪化は中国のTHAAD報復よりも大きな悪材料だと評価されている。韓国よりも6倍以上大きな日本の音楽市場を失えば直ちに売り上げに打撃を受けるためだ。

一部では「行き過ぎた懸念だ」という意見もある。ある資産運用会社ファンドマネジャーは「日本人は韓国人よりも政治と私生活を分離する傾向が一層顕著だ」とし「3大芸能企画事務所の日本コンサート日程にもまだ変化がない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP