주요 기사 바로가기

「見下げることも恐れることもなく勉強してこそ日本を越える」=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.05 13:46
0
日本を上回る国を作ろうという人が多い。しかし行動でその愛国心を見せる人は少ない。李鍾煥(イ・ジョンファン)三栄(サムヨン)化学グループ名誉会長(96)。李会長は日本を越える世界超一流国家を実現させようと叫び、個人の財産のほとんどすべてを寄付して奨学財団を設立し、その財団はアジア最大規模(基金約1000億円)に成長した。李会長が2000年に設立した「冠廷李鍾煥教育財団」は今まで約1万人に2300億ウォンの奨学金を出してきた。主に基礎科学と産業技術を勉強する学生が受けている。

李名誉会長は先月、この財団からソウル大日本研究所に1年分の研究支援金として2億5000万ウォンを支援することにした。この研究所に対する政府の支援金が1年前に中断したという中央日報の報道(7月15日、『言葉では知日・克日も…ソウル大日本研究所支援まで中断』)が決心するきっかけになった。李会長は日帝強占期に生まれて強制徴集され、太平洋戦争を経験した。企業を設立して製品を開発する時は日本企業と競争した。李会長が「キャパシターフィルム」という先端素材を開発しなかったとすれば、これも日本の輸出規制品目になっていたかもしれない。

李会長は繰り返し「日本をよく知ってこそ日本を越えることができる」と語った。日本研究所への支援もそのような脈絡でしたと説明した。100年近く生きてきた韓国現代史の生きた証言者でもある李会長に先月30日に会った。

--今年、数え年で97歳だが、健康そうだ。

「医師の話によると、今後10年は生きることができるという。長く生きても健康でなければならず、どんなやりがいのある仕事をしていくかが重要だ」

--冠廷財団がソウル大日本研究所に研究費2億5000万ウォンを支援した。どういう意味が込められているのか。

「相手に勝つには、相手を知って己を知らなければいけない。日本を越えようとすれば日本を正しく知る必要がある。日本についてよく知っていると考える人が多い。そして歴史的・道徳的な優越感から日本を見下げたりもする。それで日本に関する研究が不足することになったと考える。日本に勝つには日本の過去・現在・未来を徹底的に研究し、日本より先を進まなければいけない。ソウル大日本研究所がこうした役割をすべきだが、政府の支援が中断したことを知り、これではいけないという考えで支援を決めた」

--ソウル大日本研究所に何を望むのか。

「当面の問題に対する対策も深く考えなければいけないが、日本との問題を克服する中長期的な戦略を用意するのに役立つ研究に集中することを期待する」

--今回の支援は1年分の研究費と聞いているが、今後もずっと支援する考えはあるのか。

「もちろんだ。ずっと支援することも考えている。ひとまず1年間の研究活動に注目したい」

--その間、産業現場で日本の技術力との競争も数多くしてきたと思うが、日本を越える方法は何か。

「日本人は他人のものを見て模倣にとどまらず、それよりも良い新しいものを作り出す素質がある人たちだ。一人一人を見れば韓国人が日本人より優れている。ところが日本人は何か一つを深く掘り下げて研究し、その研究を産業生産に活用するのに優れている。それが集団的な力になる。したがって我々が日本の動向をよく把握してこそ産業でも遅れを取らない」

--三栄化学も産業素材を開発してきた。日本企業と競争することもあったと思うが。

「三栄化学は石油からプラスチック容器などの生活用品にとどまらず、キャパシターフィルム(Capacitor Film、電子製品の核心素材として使用される蓄電および絶縁用フィルム)という超極薄フィルムを開発した。日本の企業がそれを作る動きがあることを知り、米国の初期技術をいち早く導入して日本企業と対等に開発した。三栄化学が日本の東レやドイツの企業とともに世界3大メーカーだ。日本が素材輸出規制に入ったが、キャパシターフィルムのようなものは規制しても効果がない。我々がすでに生産しているからだ。こういうものがもっと増えなければいけない」

--日帝強占期に生まれて強制徴兵も経験したと聞いているが、奨学事業もそのような経験と関係があるのか。

「1942年に日本の明治大学商経科に留学した。当時はまだ幼かったが、日本人を越えるには日本人よりも勉強をしなければいけないと考えたことを覚えている。しかし太平洋戦争末期の44年に強制徴集された。関東軍に所属し、ソ連軍と対峙した満州に送られ、そこで大砲を引いていた。45年8月に沖縄に部隊が移動するために韓半島(朝鮮半島)で降りたが、その時に解放を迎えた。沖縄に行っていれば命を守るのは難しかったかもしれない。命拾いをした。その後、国が良い暮らしをしてこそ国民が苦労しないという考えを終始抱くことになった。国が良い暮らしをするには賢い青年がお金の心配なく勉強できなければいけない」
「見下げることも恐れることもなく勉強してこそ日本を越える」=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「見下げることも恐れることもなく勉強してこそ日本を越える」=韓国(1)

    2019.08.05 13:46
    뉴스 메뉴 보기
    三栄化学グループの李鍾煥名誉会長が先月30日、ソウル恵化洞の「冠廷李鍾煥教育財団」の事務室で「日本を知って勝つ方法」について話している。1923年生まれの李会長は4年後に100歳を迎える。 ウ・サンジョ記者
    TOP