주요 기사 바로가기

【コラム】本当に合わなかった2人、文大統領と安倍首相(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.05 07:56
0
最初から刺々しかった。文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍晋三首相の関係のことだ。2人は当選祝いのための初めての電話会談(2017年5月11日)から「慰安婦合意の着実な履行」と「受け入れられない国民感情」でぶつかり、破裂音を出していた。その次の電話会談(5月30日)では北朝鮮のミサイル挑発をめぐり「圧迫あるのみ」と「圧迫+対話」でアプローチ法に違いを見せた。同年7月のハンブルク20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で初めての会談を持つ。ここでも依然と慰安婦問題をめぐり対抗した。

少しの間、気が合ったことがある。2度目の会談だった。9月7日のロシア・ウラジオストクの東方経済フォーラムで、北朝鮮挑発によって緊張が大きく高まると、対話より最大限の圧迫強化に合意した。過去問題も安定的に管理することにした。当時は金正恩(キム・ジョンウン)がICBM(大陸間弾道ミサイル)発射と核実験を相次いで強行した時期だった。このような雰囲気で安倍首相が10月に衆議院選挙で勝利すると、文大統領が祝賀電話を掛ける。この時、安倍首相は「プルコギを食べて選挙の疲れを取った」と親近感を示すほど関係が悪くなかった。

その程度が最後だった。同年末、慰安婦対応をめぐり激しく衝突した。7月に構成された韓日慰安婦合意検討TF(タスクフォース、作業部会)がこれまで検討した結果を発表しながらだった。文大統領もその時に合意破棄を示唆した。安倍総理は「合意は1ミリも動かない」と強く反発した。平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)不参加も取り上げた。結局、平昌に来るものの、そこで変事が起きた。

昨年2月9日、開幕式直前開かれた会談で安倍首相は北朝鮮の平昌五輪参加を引き出すための韓米軍事演習の延期に不満をにじませながら「演習を延期する段階ではない」とした。すると文大統領が「この問題は主権と内政に関する問題だ。首相が直接言及してもらっては困る」と反論した。これを見た尹永燦(ユン・ヨンチャン)元青瓦台(チョンワデ、大統領府)国民疎通首席は「一触即発」と表現した。

一触即発は触れるだけですぐ爆発するという考えだ。戦う直前まで進んだ形だ。だからだろうか。安倍首相はレセプション行事に通知もせずに35分遅れた。

3カ月後に開かれた東京首脳会談の昼食では、ハングルで「文在寅大統領就任1周年お祝い申し上げます」と書かれたイチゴのケーキが登場した。安倍首相のサプライズプレゼントに出席者が拍手した。だが、文大統領はケーキを食べることができなかったという。過去、青瓦台首席時期に歯を10個も抜いた文大統領だ。そのため韓国側の参謀がぎこちない雰囲気でケーキを分け合って食べた。日本側の参謀は安倍首相が野心的な贈り物を準備したのに、やや失望したという。日本側でも「歯の問題で甘い物を多くは召し上がれないと聞いた」とした。
最低賃金1%上げれば雇用1万件消える=韓国(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】本当に合わなかった2人、文大統領と安倍首相(1)

    2019.08.05 07:56
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍晋三首相
    TOP