주요 기사 바로가기

韓国、輸出8カ月連続で減少…今年6000億ドルの達成厳しい

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.02 15:18
0
韓国の輸出が8カ月連続で前年比減となった。世界的な景気鈍化に米中貿易葛藤、日本の経済報復まで重なりながら、当初政府が今年の目標として提示した6000億ドル(約64兆2600億円)の達成は厳しい見通しだ。

1日、韓国産業通商資源部(以下、産業部)が発表した「2019年7月輸出入動向」によると、7月の輸出は昨年同月比11.0%減となる461億3600万ドルと集計されたことが分かった。これに伴い、輸出は昨年12月から8カ月連続で前年比マイナス(-)増加率から抜けられないでいる。輸出が8カ月連続減となったのは、2015年1月から2016年7月まで19カ月連続マイナスを記録して以来、最長となる。7月までの累積輸出額は3177億ドルだ。

品目別には半導体の輸出が28.1%減となるなど、減少傾向が顕著だった。石油化学(-12.4%)・石油製品(-10.5%)なども振るわなかった。製品単価の下落が輸出不振に悪影響を及ぼしたものと分析される。

国別には韓国の最大市場である中国(-16.3%)での輸出減少が目立った。米中貿易紛争およびファーウェイ(華為)など中国企業制裁に伴う通商環境の悪化、製造業景気不振などによるものとみられる。韓国の2大輸出国である米国(-0.7%)の輸出も減少した。反面、欧州連合(EU)(0.3%)・東南アジア諸国連合(ASEAN)(0.5%)・独立国家共同体(CIS)(14.5%)などでは増加した。

輸入は437億ドルで昨年同月比2.7%減少した。これに伴い、韓国の7月貿易収支は24億4000万ドルの黒字を記録し、90カ月連続黒字を維持した。

産業部は「米中貿易紛争の長期化および日本の輸出規制など対外環境の悪化、半導体業界の業況不振および単価下落、国際原油価格の回復遅延に伴う石油化学・石油製品の不振などが複合的に作用した」と明らかにした。

しかし、日本が韓国に対して半導体・ディスプレー材料部品の輸出を7月から規制したが韓国の輸出入には大きな影響を及ぼしていないことが分かった。先月の対日輸出は0.3%減った。今年上半期の対日輸出が-6.0%減少したことを考慮すれば、先月実績は特に悪くないと判断される。7月の対日輸入は9.4%減少した。5月(-16.9%)・6月(-13.8%)よりは輸入減少幅が緩和された。

問題はこれからだ。当初政府は「上低下高」を強調して下半期の半導体価格の回復に合わせて輸出が再び増えると期待している。しかし半導体の需要回復時期は遅れている。世界景気も良くなる兆しが見えない。中国の先月の製造業購買担当者指数(PMI)は49.4(50未満は景気収縮を意味する)を記録するなど鈍化傾向が続いている。EU(79カ月ぶり最低)・ドイツ(84カ月ぶり最低)・米国(118カ月ぶり最低)のPMIも持続的に下落している。世界貿易機関(WTO)の世界交易展望指数は4-6月期96.3で9年ぶりに最も低い水準となった。

これに対し、韓国開発研究院(KDI)・産業研究院・韓国貿易協会などは、韓国の今年の輸出見通しを今年の輸出目標(6000億ドル)に至らない5000億ドルラインに下方修正した。

崇実(スンシル)大学経済学科の温基云(オン・ギウン)教授は「半導体の需要や米中貿易紛争など対外環境の不確実性が続く状況で、日本の経済報復まで重なった」とし「これらの問題は短期間に解決することは難しい点で、下半期の輸出改善が容易ではなさそうだ」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP