주요 기사 바로가기

韓国野党議員、トランプ大統領にツイート「金正恩に誤ったメッセージ与えた」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.31 09:45
0
「トランプ大統領にツイッターを飛ばそうかとも考えている」。

自由韓国党が担当する国会国防委員会の幹事である白承周(ペク・スンジュ)議員が29日にラジオのインタビューでトランプ大統領が北朝鮮の弾道ミサイルに対し「短距離ミサイル」として意味を縮小したことに対し「不適切なコメントで非常に残念」としながらした話だ。

その翌日である30日、トランプ大統領のアカウントに「No,Thank you」から始まるツイートを送った。「ミサイルに対するあなたの言及は金正恩(キム・ジョンウン)に誤ったメッセージを送り金正恩を滅ぼしかねない。ミサイル発射は韓日米の国民に甚大な危険なのにあなたに関係ないのか(Not your concern?)」という趣旨だった。

同党所属で国会外交統一委員長を務める尹相ヒョン(ユン・サンヒョン)議員も似た悩みを持つ。彼は中央日報との通話で「トランプ大統領は韓米同盟の意味をよくわかっていない。再選に向け現在(北朝鮮が)核・ミサイルモラトリアムを破らずにいることを見せることにばかり汲々としている。党レベルで『あなたは韓米同盟の守護者としての役割をすべき』という喚起のメッセージを送ろうと検討中」と明らかにした。

保守指向の「正しい未来党」の劉承ミン(ユ・スンミン)議員は28日にフェイスブックを通じ「もう米国にも言うことをすべて言わなければならない。トランプ政権の最近の言動は韓米相互防衛条約違反」と話した。

保守陣営に韓米同盟は金科玉条だった。金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)、文在寅(ムン・ジェイン)政権へと至る間に「韓米同盟を強化しなければならない」「韓米同盟が揺らいではならない」と話してきた。そのため米国大統領は批判の対象ではなかった。

トランプ大統領をめぐっては異なる。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長に友好的ジェスチャーを送り韓米同盟を軽視する態度を見せているためだ。短距離弾道ミサイルは「小さいもの」と表現するかと思えば防衛費分担金の大幅増額も要求した。

劉承ミン議員らのトランプ大統領批判はそうした次元だ。ある外交安保専門家は「トランプの米国は数十年間われわれが把握してきた同盟国とは違う。同盟も相互利益にならなければならないという点で韓国の保守政党が米国を批判する必要がある」と話した。保守政党で北大西洋条約機構(NATO)式の核共有を超え核武装の主張まで出ている背景でもある。呉世勲(オ・セフン)元ソウル市長は電話で「最近米国が自国の利益だけ考える態度に対し韓国の独自の核開発の可能性を堅持するのがひとつのてこになれる」と主張した。

「トランプ」という変数を除いても米国が根本的に変わっているという点を冷徹に見なければならないという見方もある。エネルギー、安保、経済の側面から変わった世界秩序に対応し韓米同盟の変化に対する根本的な悩みが必要だと分析される。

慶熙(キョンヒ)大学のソ・ジョンゴン政治外交学教授は「もう米国はこれ以上保守陣営で考える米国ではない。冷戦時代とは違いいまは反共主義や自由主義価値の伝播が米国の重要な役割という合意が消え、同盟の意味も変わった」と指摘した。ソ教授は「ところが保守陣営では韓米同盟を神話的な意味と考える。同盟のひとつの軸が変わったがわれわれだけ正解は韓米同盟強化であるかのように節義を守ってどうするのか。どのように変わり、どのような戦略で対応するのか悩むべきなのに政界にそのような悩みがない」と指摘した。





関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国野党議員、トランプ大統領にツイート「金正恩に誤ったメッセージ与えた」

    2019.07.31 09:45
    뉴스 메뉴 보기
    白承周(ペク・スンジュ)議員のツイート
    TOP