주요 기사 바로가기

ソウル市、日帝強占期の朝鮮新宮跡地付近に慰安婦銅像を建てる

ⓒ 中央日報日本語版2019.07.30 10:51
0
ソウル市が日帝強占期にソウル南山(ナムサン)にあった朝鮮新宮跡地付近に慰安婦被害者の銅像を建てることにした。

29日ソウル市によると、慰安婦被害者の銅像は来月14日「日本軍慰安婦被害者をたたえる日(以下、慰安婦の日)」記念式で公式除幕する。銅像の高さは160センチで、韓国、中国、フィリピンなど3人の少女が手を取り合っている形状だ。向い側には慰安婦被害事実を初めて公開証言した故金学順(キム・ハクスン)さんが位置している。2017年9月米国サンフランシスコのセント・メリーズ公園に建てられた慰安婦被害者銅像と似ている。全部米国人彫刻家によって作られた。

銅像はソウル市教育庁教育研究情報院と漢陽(ハンヤン)都城遺跡博物館の間に位置した漢陽都城発掘インフォセンターの前に設置される予定だ。銅像の周りには安重根(アン・ジュングン)義士記念館、漢陽都城現場遺跡博物館などが位置しており、歴史教育の場として位置づけられるものと市は期待している。

翌月14日慰安婦の日記念式と銅像除幕式には朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長、マイク・ホンダ元米連邦下院議員、米人権団体「慰安婦正義連帯」のリリアン・シン、ジュリー・タン共同議長などが出席する予定だ。市は銅像の一般公開後、市民を相手に銅像の名称を公募する計画だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ソウル市、日帝強占期の朝鮮新宮跡地付近に慰安婦銅像を建てる

    2019.07.30 10:51
    뉴스 메뉴 보기
    サンフランシスコのセント・メリーズ公園に設置された慰安婦記念碑[写真 米州版中央日報]
    TOP