주요 기사 바로가기

「対日輸入依存度90%以上の品目48品目、輸入額3兆3000億ウォン」=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.29 07:51
0
韓国の産業競争力が日本に比べ劣位にある項目が多く、日本の輸出規制が本格化すれば経済成長に脅威になりかねないとの分析が出された。だが韓国の技術力向上努力などにより韓日間の産業構造が変化し始めたことが現れた。

現代経済研究院が28日に発刊した「韓日主要産業の競争力比較と示唆点」と題する報告書によると、昨年韓国の産業で日本からの輸入依存度が90%以上の品目は48品目だった。 また、総輸入額は27億8000万ドルと集計された。

これは国連国際貿易統計HSコード(貿易取引業者品分類コード)6単位基準分析結果だ。HSコードは貿易取引で商品に付与する分類コードだ。6番目の数字まではすべての国が同一で、7~10番目の数字は国ごとに細分化して使う。6単位基準は韓国と日本が同一でこの基準まで同じ商品は同じ品目という意味だ。

分析によると韓国が日本から輸入する貿易商品の品目数は4227品目だ。鉱物性生産品が10億9000万ドル、化学工業(類似の工業を含む)の生産品が5億4000万ドル、プラスチック・ゴムが5億1000万ドルの順で輸入が多かった。

依存度基準で見ると、紡織用繊維輸入依存度が99.6%で最も高かった。化学工業生産品は98.4%、車両・航空機・船舶と輸送機器関連品が97.7%などだった。

特定分野では対日輸入依存度が絶対的の上に、産業競争力も日本に遅れを取っていると調査された。現代経済研究院が韓日間貿易特化指数(TSI)を分析した結果、韓国の産業は重化学工業全般で日本に絶対劣位であることがわかった。

TSIが1であれば相手国に対し輸出競争力が圧倒的で、マイナス1なら輸入を依存しているという意味だ。分析の結果、韓国は日本より化学産業とプラスチック・ゴム・革産業、機械産業で絶対劣位であることがわかった。金属産業と電機・電子産業も劣位にあると調査された。

該当産業はいずれも主要産業の素材部品と関連しており、韓国が基礎産業、中間財、生産設備などの分野で競争力が低いことを示す。報告書は、韓国には競争力が低い産業が多く、対日輸入依存度が高く日本の輸出規制により国内産業が危機に陥り経済成長が脅威を受けかねないと警告した。

◇韓国の産業競争力改善中=最近韓国の技術力向上努力などに力づけられ日本が「経済報復」の武器とした素材部品産業で韓国の対日依存度は下落するのに対し、日本の対韓依存度は上がったという分析も出てきた。

東義大学貿易流通学部のイ・ホンベ教授がまとめた「韓国素材部品の対日貿易赤字縮小原因考察」と題する論文によると、韓国の素材部品の対日貿易赤字は2000年の103億ドルから2010年には242億ドルと過去最高を更新したが、その後は赤字幅が減り2017年は160億ドルまで減少した。

2000~2017年の対日貿易赤字で素材部品が占める割合も91.2%から56.5%に減った。韓日の産業間の輸入依存度を示す国際技術分業度(ITS)指数でも韓国の対日ITSは2000年の0.0238から2015年は0.0171と半分近く減った。これに対し日本は0.0017から0.0045に2.6倍に増えた。1999年に日本の経済産業省が導入したITSは依存度が高いほど1に近く、小さいほど0に近い。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP