주요 기사 바로가기

<サッカー>Kリーグvsユベントス…監督「ロナウド欠場は25日に決定」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.27 13:12
0
ユベントス(イタリア)のマウリツィオ・サッリ監督が看板スターのクリスティアーノ・ロナウドの欠場理由についてコンディションが良くなかったためだと釈明した。中国・南京にいた25日、すでにロナウドは試合に出場しないという結論が出たという内部事情も明らかにした。

サッリ監督は26日、ソウルワールドカップ競技場で開催されたKリーグ選抜チーム「チームKリーグ」との親善試合後に記者会見し、「ロナウドはもともとチームKリーグとの試合に出場する予定だったが、コンディションが悪いうえ筋肉状態が良くないという判断で出場しないことになった。監督と球団関係者、選手が共に下した決定」と述べた。

ロナウドに関連してユベントスは当初、今回の試合で45分以上プレーするオプションを契約書に含めたと伝えられたが、ロナウドはチームKリーグ戦でずっとベンチに座っていた。試合前に宿舎のグランドハイアットホテルで開く予定だったファンミーティングおよびサイン会行事もコンディション調整を理由にキャンセルした。

サッリ監督は「ロナウドの出場について(南京にいた)昨夜から悩んだ。出場しない方向で内部の結論が出た」とし「1週間のアジアツアーでは暑くて湿度が高い環境で試合に出ていたのでコンディションが悪化した。ロナウドだけでなく多くの選手が似た状態」と説明した。

サッリ監督は「南京から長時間の旅程を経て韓国の宿舎に到着した時は午後5時15分だった」とし「宿舎から競技場まで40分で移動が可能という話を聞いたが、実際には倍以上の時間がかかった」と伝えた。

ロナウドがファンサイン会までキャンセルした理由については「私はサイン会の日程が決まっていることも知らなかった。その日程は私と話し合ったものではなかった」と一線を画した。「親善試合の契約書にロナウドが45分以上出場するという条件が含まれていたのは事実か」という質問には返答を拒否し、急いで記者会見場を離れた。

チームKリーグとの親善試合を控えて最も期待を集めたロナウドが出場しなかったことで、観客席を埋めた約6万5000人のファンは大きな失望感を表した。前半に「ロナウド」コールで出場を促していたファンは、後半になるとロナウドが競技場のスクリーンに映し出されるたびにブーイングを浴びせた。試合の終盤にはロナウドのライバル「リオネル・メッシ」コールが観客席から出てきた。

しかしユベントス球団の内部ではすでにロナウドの欠場が決まっていたことが明らかになった。「ロナウド出場」を掲げてチケット販売と広報をした主催会社「ザ・フェスタ」とプロサッカー連盟が共に釈明しなければいけない部分だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP