주요 기사 바로가기

<サッカー>チームKリーグ、ロナウドが抜けたユベントスと3-3

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.27 09:06
0
結局、クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)がソウルワールドカップ競技場でプレーする姿を見ることはできなかった。観客席を埋めた約6万5000人のファンが声を合わせて「ロナウド」を叫んだが、応答はなかった。「チームKリーグ(Kリーグ代表)」はロナウドが抜けたユベントスを相手に3-3で引き分けた。

チームKリーグは26日、ソウルワールドカップ競技場で開催されたイタリアサッカー名門ユベントスとの親善試合で、前半4分にオスマール(ソウル)、前半45分にセジーニャ(大邱)、後半5分にタガート(水原)がゴールを決めて3-1とリードを広げたが、後半中盤に2失点してユベントスと3-3で引き分けた。

ユベントスは前半5分にシモーネ・ムラトーレが最初のゴールを決めた。1-3とチームKリーグにリードを許した後半34分にブレーズ・マテュイディが、後半36分にマテウス・ペレイガが得点して追いついた。

試合当日に中国南京から移動したユベントスはスケジュールを次々とキャンセルしてひんしゅくを買った。予定されていた日程より2時間遅く韓国に到着し、あらかじめ予定されていたロナウドのファンミーティングとファンサイン会を取り消した。

選手団は宿舎から遅く出発したためキックオフの午後8時になっても競技場に到着しなかった。通常、試合を控えた選手団は1時間半前に競技場に到着するが、ユベントス選手団はキックオフの1時間前の午後7時ごろ宿舎を出発した。

ユベントスの看板スターのロナウドは90分間終始ベンチに座っていた。当初、契約書に45分以上は出場するというオプションが含まれていると伝えられたが、ロナウドは前・後半ずっとベンチに座っていた。前半、ロナウドの出場を期待しながら歓呼していた6万5000人のファンも、後半になるとブーイングを始めた。

試合当日に入国してすぐに試合をするというタイトな日程自体が問題だったという指摘が出ている。ユベントスを招待した会社側の運営未熟と見なすことができる部分だが、カウンターパートナーとして今回の行事を共同主管したプロサッカー連盟の責任も看過できない。

競技場のスクリーンにロナウドが映し出されるたびにブーイングを送った観客は試合終了前には声を一つにして「メッシ」を連呼し、ロナウドを挑発した。ロナウドがグラウンドでプレーする姿を見るために高価な入場券を購入し、豪雨警報が出る中でも競技場を訪れたが、裏切られたという不満の表現だった。

試合終了ホイッスルが鳴ると、ソウルワールドカップ競技場はまたも大きなブーイングに包まれた。ソウルワールドカップ競技場でロナウドは我々のスターではなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP