주요 기사 바로가기

【社説】ロシア領空侵犯に北ミサイル発射…韓国政府は確固たる対応を

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.26 09:37
0
北朝鮮が昨日、江原道元山(カンウォンド・ウォンサン)虎島(ホド)半島から東海(トンへ、日本名・日本海)に向かって短距離弾道ミサイル2発を撃った。5月の発射から70日余りぶりだ。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は先月、トランプ米国大統領と板門店(パンムンジョム)で非核化交渉を再推進しようと約束しておきながらも挑発を敢行した。北朝鮮が発射した1発は430キロを、残りの1発は690キロを飛行した。このミサイルは一般的な弾道ミサイルより高度が低い50キロで「北朝鮮版イスカンデルミサイル」と推定されている。ロシア製イスカンデルミサイルは低高度に回避機動能力まで備えているため探知が難しく、韓国軍が保有しているパトリオットなどでも迎撃できないという。韓国全体がこのミサイルの射撃圏だ。

北朝鮮の挑発は米国と核交渉を控えてテコを高めようとする行動だという見方が一般的だ。北朝鮮が満足するだけの協議案を米国に対して出せと圧迫しているというものだ。しかし、北朝鮮ミサイル発射を単に核交渉次元だけで見るべきではない。ミサイル能力を段階的に高度化していることがさらに大きな問題だ。昨日のミサイルは5月に発射したミサイルを改善した可能性がある。5月には2発のうち1発は本来の性能を出せていなかったが、今回は成功したとみられる。

北朝鮮が今月23日に公開した弾道ミサイル発射用大型潜水艦もそうだ。東海で核弾頭を装着した弾道ミサイル(SLBM)数発を発射できる新型潜水艦公開で、北朝鮮が一歩進んだ武力を誇示した格好だ。潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)は防御が事実上不可能だ。昨日発射した新種ミサイルにも核弾頭を載せることができる。このように北朝鮮の核・ミサイル脅威がますます高まる中でも政府は対策はさておき沈黙だけを続けている。北朝鮮に自制要請さえすぐにはしなかった。そうかと思えば、国防部は先月発射した北朝鮮ミサイル分析を終えてもまだ発表しないでいる。我々に致命的なミサイルの進化を政府はなぜただ隠そうとだけするのか。このような政府と軍をどうして信じることができようか。

ロシア軍用機の独島(トクド、日本名・竹島)領空侵犯事件処理も問題だ。空軍戦闘機操縦士が交戦遵守規則により領空を侵犯したロシア早期警戒管制機に警告射撃する措置まではよかった。しかし、政府は侵犯はなかったと嘘をつくロシアに正面から抗議もしない代わりに、独島問題をめぐって日本だけを非難した。いったいこの状況で戦うべき対象が誰なのか。しかもロシアとソウルでこの懸案をめぐって両側の実務会談をするとは理解ができない。盗人に家主がかえって説明する格好ではないのか。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)はこの最初の領空侵犯事件にも国家安保会議(NSC)さえ招集しなかった。また、韓国防空識別圏(KADIZ)で無断でロシアと合同作戦を行った中国には何も言い出せないでいる。安保を越えて独立国家の自尊心を自ら壊すようなものだ。このように頭を垂れた沈黙の国をどこの国が認めて恐れるというのだろうか。政府は今からでも国家の存在感と自尊心を確固として持つよう望む。北朝鮮ももう核とミサイルだけでは生きられないという点を知って挑発を自制するべきだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【社説】ロシア領空侵犯に北ミサイル発射…韓国政府は確固たる対応を

    2019.07.26 09:37
    뉴스 메뉴 보기
    ロシア戦略爆撃機Tu-95
    TOP