주요 기사 바로가기

エスパー米国防長官「ロシア、韓国領空(South Korean airspace)通過」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.25 15:39
0
マーク・エスパー米国防長官が23日のロシアのA-50早期警報機の独島(ドクト、日本名・竹島)領空侵犯について「ロシアが韓国の領空を通過した」と24日(現地時間)に述べた。前日国防総省報道官が「米国は中国とロシアの領空侵犯の韓日両国の対応を強く支持する」と日本の対応まで含めて曖昧に表現した。その後1日で米国国防の責任者が「韓国の領空」という言葉を使った。

エスパー長官は同日の記者懇談会で「ロシアの領空侵入に韓国の戦闘機が緊急出撃したことについて情報がないか」という質問に「私の記憶ではロシアがその区域の南方ルートで飛行したのは新しいことではない」とし「新しいことは彼らが韓国の領空(South Korean airspace)を通過したという点だ」と述べた。エスパー長官は続けて「おそらく初めてだろう」という記者の言葉に「この3時間の間、それほどこの事件について多くの研究はできなかったが、それが私が把握していることで、同様に韓国が侵犯を抑制するために確実に対応したという点だ」と述べた。韓国のF-15K、F-16戦闘機10台が出撃し、300発以上の警告射撃をしたことを肯定的に評価したことになる。

エスパー長官は続けて「韓・日訪問を計画中だが、日本が『我が国の領空でロシアに対応射撃した』と韓国を批判したことが両国と米国との関係に影響を与えないか」という質問に「私が太平洋に向かって旅立ち、彼らに会って議論する議題の1つ」と述べた。韓日の葛藤についても議論するという意味だ。共同通信は同日、エスパー長官が8月初めに韓国と日本を訪問すると報じた。エスパー長官も先立って米上院軍事委の承認聴聞会で前任者のジェームズ・マティス国防長官と同じく就任後すぐにNATO(北大西洋条約機構)や韓国、日本などの同盟国から訪問するのかという質問に「そうする」と約束もしている。

エスパー長官は同日国防総省が、スペイン政府が空母「エイブラハム・リンカーン」に派遣していた自国のフリゲート艦を撤退させたことに対し遺憾を示したことについて「私は長年の公職生活で知っている最も強力な関係は軍隊間の結束であり、これは基本的なもの」と述べた。「時々そのようなことが起こることもあるが、各国の軍事的関係は最も強力で、私が保持しようとするものの1つ」と強調した。韓国のような軍事同盟を重視するという意味だ。

先立ってスペインは4月に自国海軍のフリゲート艦「メンデス・ヌニェス」をリンカーン空母に合流させたが、対イランのホルムズ海峡防衛作戦に投入され、最近撤退を決定した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    エスパー米国防長官「ロシア、韓国領空(South Korean airspace)通過」

    2019.07.25 15:39
    뉴스 메뉴 보기
    韓国軍のKF-16戦闘機
    TOP