주요 기사 바로가기

北朝鮮「直派スパイ」 13年ぶり検挙…「偵察総局所属の40代」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.25 10:06
0
北朝鮮から直接南下した「直派スパイ」が捕まったことが確認された。直派スパイの検挙は参加政府時代の2006年7月以来13年ぶりとなる。

韓国の公安当局や政界によると、国家情報院と警察は先月、南派スパイ容疑者A(40代)をある場所で検挙した。保安当局の調査でAは北朝鮮偵察総局の所属と疑われたという。

北朝鮮偵察総局は韓国をはじめとする海外地域で工作活動を行う精鋭機関として国内で知られている。工作員の養成や浸透のほか、情報収集、要人暗殺、拉致、テロなどの任務を遂行する。北朝鮮の公開的な席に登場している金英哲(キム・ヨンチョル)労働党対南担当副委員長が偵察総局長出身だ。

検挙されたAは北朝鮮側の特定指令を受けて活動し、韓国側の諜報網に入ったと伝えられた。ただ、Aの任務が何かという点は確認されていない。テロ関連の任務ではないという。公安当局はAの国内入国・活動時期を昨年から今年6月までと推定している。

Aは数年前にも韓国を行き来した。昨年、第3国で「国籍ロンダリング(洗浄)」をした後に再入国した疑いだ。過去に検挙された直派スパイの大半が国籍を偽装して入国した。国家情報院と警察はAが国内に入った目的と活動に対する取り調べを行った後、最近、Aを検察に引き渡したという。保安当局は直派スパイの検挙に関連して極度にセキュリティーに注意を払っている。国家情報院、警察関係者ともに「検挙されたかどうかも確認できない」と述べた。

国家情報院は2006年7月末、北朝鮮エリート出身の直派スパイ、チョン・ギョンハク(当時48歳)を検挙した。米国系タイ人に身分を偽装したチョン・ギョンハクはソウルのホテルで潜伏していた国家情報院・警察に検挙された。

対北朝鮮太陽政策を展開した金大中(キム・デジュン)政権に続いて発足した参加政府で生じたスパイ事件であり、衝撃はさらに大きかった。情報・保安当局などによると、チョン・ギョンハクは金日成(キム・イルソン)総合大学英文科を卒業したエリート。金正日(キム・ジョンイル)政治軍事大学コースも出たという。チョン・ギョンハクは1990年代後半、蔚珍(ウルチン)原子力発電所、ソウル龍山(ヨンサン)米軍部隊など主要施設を撮影した後、北朝鮮に伝えるという諜報活動を遂行した。国家情報院が2008年から昨年9月まで検挙したスパイは計35人。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP