주요 기사 바로가기

韓国合同参謀本部「北朝鮮、東海上に未詳の発射体2発を発射…430キロ飛行」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.25 06:59
0
北朝鮮が25日、江原道元山(カンウォンド・ウォンサン)一帯から東海(トンへ、日本名・日本海)に向けて未詳の発射体を2発発射した。

韓国合同参謀本部はこの日、「北朝鮮が今日午前5時34分と5時57分ごろ、元山一帯から東海上に未詳の発射体を発射した。飛行距離は約430キロ」と明らかにした。

続いて「発射体の細部事項に対しては韓米当局が分析中」としながら「現在、軍は追加発射に備えて関連動向を監視しながら対備態勢を維持している」と付け加えた。

北朝鮮が発射体で挑発したのは、5月9日の短距離ミサイル発射以降78日ぶりとなる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国合同参謀本部「北朝鮮、東海上に未詳の発射体2発を発射…430キロ飛行」

    2019.07.25 06:59
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮が今年5月4日に江原道元山の虎島(ホド)半島一帯から発射した短距離ミサイル。
    TOP