주요 기사 바로가기

<ゴルフ>女子世界1位パク・ソンヒョン「東京五輪出場は私の夢」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.24 13:47
0
「ゴルフ女帝」朴仁妃(パク・インビ、31)にとって2016年のリオデジャネイロオリンピック(五輪)は生涯忘れることができない特別な大会だ。指と腰のけがを乗り越えて、五輪正式種目になった女子ゴルフで金メダルをつかんだ。2020年東京五輪の女子ゴルフでも韓国は金メダルを獲得できるのだろうか。

女子ゴルフ世界ランキング1位のパク・ソンヒョン(26)は最も有力な金メダル候補に挙げられる。25日に開幕する米女子プロゴルフ(LPGA)ツアー、エビアンチャンピオンシップを控え、22日に仏エビアンレバンのエビアン・リゾートGCで会ったパク・ソンヒョンは「五輪に出場するのは私の夢。すでにイメージトレーニングもしている」と語った。

パク・ソンヒョンは2016年のリオデジャネイロ五輪当時、朴仁妃が金メダルを獲得する過程をテレビで見ていたという。パク・ソンヒョンは「朴仁妃先輩が金メダルをとる場面を見て大きなモチベーションが生じた。それ以降、私の頭の中には五輪出場の夢がある」と話した。

パク・ソンヒョンは23日に発表された女子ゴルフランキングでも1位を守った。2日に個人通算3度目の1位になった後、4週連続で首位を維持している。コ・ジンヨン(24)が世界2位、イ・ジョンウン(23)が世界5位、朴仁妃(31)が世界7位だ。東京五輪の女子ゴルフ出場権は来年6月29日の世界ランキングを基準に国別に最多4人(世界15位内の選手が多い場合)に与えられる。パク・ソンヒョンは「五輪が1年後に迫った。現在の順位のまま五輪に出てもおもしいと思う。出場できるかは分からないが、出場すれば金メダルまで欲を出したい」と述べた。

2017年のLPGAデビューから3年目を迎えるパク・ソンヒョンは毎年メジャー大会で1勝ずつしている。しかし欧州で開催される大会ではそれほど活躍していない。LPGA進出前の2016年エビアンチャンピオンシップで2位になったのが最高成績だ。

パク・ソンヒョンは「今週のエビアンチャンピオンシップに続いて来週は全英女子オープンがある。2週連続でメジャー大会が開催されるが、ここでどんな成績を出すかが今年全体の成績に大きな影響を及ぼすはず」とし「昨年のエビアンチャンピオンシップでは予選落ちしたが、今年は簡単には退かない」と意欲を見せた。

世界2位のコ・ジンヨンと7位の朴仁妃も来年の東京五輪に強い意志を表した。コ・ジンヨンは「4年に一度開催される五輪は一般プロゴルフ大会とは確実に違う」とし「20代半ばの年齢で迎える来年の東京五輪に勝負をかけたい」と述べた。

2016年五輪に続く2大会連続の五輪金メダルに挑戦するベテランの朴仁妃は「五輪はゴルフ選手としての朴仁妃を完成させた舞台だった。それだけ五輪金メダルの重量感は格別」とし「一方でリオ五輪当時のような力を発揮できるか心配になったりもする。ひとまず五輪出場権を得るのが当面の目標であり、最後まで最善を尽くしたい」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <ゴルフ>女子世界1位パク・ソンヒョン「東京五輪出場は私の夢」

    2019.07.24 13:47
    뉴스 메뉴 보기
    22日、エビアン選手権の現場で会ったパク・ソンヒョン。 キム・ジハン記者
    TOP