주요 기사 바로가기

露軍用機が韓国領空侵犯…韓日葛藤の隙を突いた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.24 07:04
0
ロシア軍用機が23日、2度にわたって韓国領空を侵し、空軍が360余発の警告射撃を行った。外国軍用機が韓国防空識別圏(KADIZ)に無断進入したことは数回あったが、領空侵犯は前例がなかった。警告射撃で対応したのも初めてだ。また、この日の領空侵犯は中国・ロシア戦略爆撃機の同時KADIZ無断進入と共に起きた。韓国戦争(朝鮮戦争)停戦後、中露の軍事力が一度に韓国に対して挑発に出たのは初めてだ。韓国政府が韓半島(朝鮮半島)を取り囲むすべての周辺国と尖鋭な軍事・外交的葛藤に陥った局面だ。

合同参謀本部によると、この日中国2機、ロシア3機など計5機の中露軍用機がKADIZに事前通告なしで侵入してきた。このうちロシアのA-50空中早期警戒管制機1機は独島(トクド、日本名・竹島)領空への出入りを2回繰り返しながら7分間侵犯した。この軍用機は1回目は午前9時9分から12分まで約3分間、独島領空を侵した。独島からの距離は約12.9キロにすぎなかった。続いて9時33分に2回目となる独島領空侵犯を行った。軍当局はこれに伴い、2回目の領空侵入の際、「KF-16」2機を出動させてロシアのA-50の前で遮断飛行を行った後、フレアー(ミサイル回避用閃光弾)20余発、機関砲360余発を撃って警告した。警告射撃した上空はロシアA-50の1キロ手前だった。

この日のKADIZ無断進入と領空侵入は強制徴用判決に対する日本の報復措置によって韓日が尖鋭に対抗している渦中で登場した。これに伴い、韓日衝突の隙を狙った戦略的挑発という分析が提起される。峨山(アサン)政策研究院の申範チョル(シン・ボムチョル)安保統一センター長は「中露が東海(トンへ、日本名・日本海)上空で一種の合同訓練を行った」とし「韓日関係が悪化した今を好機とみなせば、協力が緩くなった韓日米が共同で対応できないと考えたようだ」と分析した。日本国際問題研究所のジョナサン・ミラー上級研究員はニューヨーク・タイムズに「露中合同訓練中、独島の領空を侵したのは韓日葛藤を悪化させて米国の北東アジア軍事同盟ネットワークを弱化させようとするもの」と述べた。

太平洋進出を狙う中国とロシアの戦略的共同挑発という見解もある。ロイター通信によると、ロシア国防省はこの日、今回の韓国領空侵犯問題が大きくなった後、「中国人民解放軍とアジア太平洋地域での初めての長距離連合哨戒飛行訓練」と主張した。

ロシアA-50の領空侵攻とは別に、中国の「H-6」2機とロシアの「Tu-95」2機など戦略爆撃機連合編隊がKADIZに無断進入した。中国軍用機がKADIZ内に留まった時間は1時間25分、ロシアは1時間33分だった。軍当局は中露軍用機に対して領空とKADIZから直ちに出て行くよう要求したが、彼らは交信に応じなかった。出撃した韓国空軍戦闘機は中国H-6に対して20余回、領空を侵したロシアA-50に対して10余回など全30余回の無線警告通信をしたが応答がなかった。中露軍用機は日本防空識別圏(JADIZ)も行き来したことから日本戦闘機も緊急出撃した。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長と金有根(キム・ユグン)国家安保第1次長は、この日国家危機管理センターで状況を管理したと高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官が伝えた。鄭室長はロシア連邦安保会議(FSC)のニコライ・パトルシェフ書記に電話して「我々はこの事態を非常に厳重に見ていて、このような行為が繰り返される場合、はるかに強力な措置を取ることになるだろう」と警告した。

外交部と国防部も中国とロシアに対して厳重抗議した。外交部は尹淳九(ユン・スング)次官補がマキシム・ヴォルコフ駐韓ロシア大使代理をソウル都染洞(ドリョムドン)庁舎に呼び、「韓露両国間の信頼関係を損ない、国際規範に反するもの」としながら謝罪と再発防止のための対策工夫を要求したと明らかにした。

尹次官補は邱国洪・駐韓中国大使も外交部に呼んで遺憾を表明し、再発防止を促した。

しかし中露当局は否定した。華春瑩・中国外交部報道官は「防空識別圏進入の有無は分からない」とし「ただし防空識別圏は領空ではなく、各国が国際法により自由に飛行することができる」とした。

セルゲイ・ショイグ・ロシア国防長官は「我々の爆撃機は他国の領空を侵していない」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    露軍用機が韓国領空侵犯…韓日葛藤の隙を突いた

    2019.07.24 07:04
    뉴스 메뉴 보기
    ロシア戦略爆撃機Tu-95。
    TOP