주요 기사 바로가기

韓国銀行「日本の輸出規制などにともなう国内金融状況を綿密に点検」

ⓒ 中央日報日本語版2019.07.23 11:38
0
韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁が23日、国会企画財政委員会に出席して「米中貿易交渉、日本の輸出規制など対外環境の展開状況、主要国の通貨政策の変化とそれにともなう国際金融市場の資金の流れ、そして国内金融安定状況の変化を綿密に点検しながら運営していく計画」と話した。

李総裁は「昨年11月末から最近まで基準金利を1.75%に据え置いてきたが、18日金融通貨委員会では韓国経済の成長傾向と物価上昇の圧力が当初の予想より弱いと展望されるにつれ、景気回復を後押しする必要性が大きくなったと判断して基準金利を1.50%に引き下げた」と説明した。

18日、韓銀金融通貨委員会は基準金利を0.25%ポイント引き下げ、今年の経済成長率展望も2.2%から0.3%ポイント下方修正したことがある。

李総裁は「世界経済は保護貿易主義が広がり、交易が萎縮して成長の勢いが鈍化している」として「韓国経済は消費が緩やかな増加傾向を見せているが、世界交易の萎縮、半導体景気の回復遅延などで輸出と設備投資の不振が深刻化し、成長の勢いが当初の予想より弱い」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国銀行「日本の輸出規制などにともなう国内金融状況を綿密に点検」

    2019.07.23 11:38
    뉴스 메뉴 보기
    韓国銀行の李柱烈総裁
    TOP