주요 기사 바로가기

韓日葛藤状況で歩幅を広げる「日本通」李洛淵首相

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.23 08:15
0
「日本通」として通じている韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が韓日葛藤状況で歩幅を広げている。

李首相は8泊10日間のバングラデシュ・タジキスタン・キルギスタン・カタールなど4カ月歴訪を終えて22日午前に帰国するとその足で政府ソウル庁舎に出勤した。李首相は日本の経済報復措置に関連し、金尚祖(キム・サンジョ)青瓦台政策室長、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官、成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源部長官から関連報告を受けた。総理室によると、13日の出国当時には入っていなかった日程だった。

李首相は20日(現地時間)、カタール・ドーハ訪問中に開いた記者懇談会で「選挙日が近づけば言葉を荒げたり慎重ではなくても有権者に歓迎されることがある」とし「(21日の)参議院選挙が終われば日本が平常心で外交協議に臨むことがもっと容易になるだろう」と展望していた。選挙後は対話で解決法を模索する余地が増えるのではないかということだ。総理室では内閣を統率することに集中してきた李首相が外交関連発言をしたのは異例という評価が出ている。

李首相はこの席で「日本関係は、一日も欠かさずソウルまたは東京と連絡をしながら、その日その日の状況を点検して協議している」とし「(ソウルで長官報告を受ければ)私が把握している水面下の雰囲気を説明する必要もあるだろう」と話した。李首相は東京側の連絡要人は日本人で、電話報告は日本語で行われたと付け加えた。東亜日報東京特派員出身で議員時代に韓日議員連盟の幹事長、首席副会長などを歴任した李首相は日本語に堪能だと言う。李首相は毎朝日本の朝刊も完読するという。

李首相がこのように韓日状況を直接関わっていると公開したのは、16日の国務会議で「ツートップ外交」を強調した文在寅(ムン・ジェイン)大統領に呼応する側面もあるという分析だ。文大統領は当時「大統領と首相が適切に役割を分担して最高級の外交舞台で一緒に走る必要がある」と述べた。首相と近い人物は「大統領が送ったメッセージがあるので、本人が準備をしようしていることではないだろうか」と伝えた。

李首相が政界内外で「対日特使」候補の筆頭に挙げられているだけに、これに備えようとするものではないかという見方もある。李首相は16日(現地時間)、タジキスタン訪問中に自身の対日特使派遣の可能性に対して「その問題は(大統領が)私と議論したことがない」としつつも「『ある種の流れ』も進んでいるが、信頼のために公開しないほうがいいようだ」と答えた。

文大統領が参議院選挙直後の日本政界内部の議論推移を見守りながら決定をするという分析も出ている。青瓦台関係者は22日、「水面下交渉を通じて共感を用意し、特使を派遣しなくてはならないのでは」とし「ホワイトリスト除外など日本の議論の流れを見守ろう」と話した。総理室関係者は「特使として行っても問題の解決はそう簡単にはいかないだろう」としながらも「大統領が何か言えば結局は行かざるをえなくなるのでは」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓日葛藤状況で歩幅を広げる「日本通」李洛淵首相

    2019.07.23 08:15
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の李洛淵首相(左)と青瓦台の金尚祖・政策室長(右)が今月2日午前、青瓦台で開かれた国務会議の開始前に話をしている。[写真 青瓦台写真記者団]
    TOP