주요 기사 바로가기

韓国党代表「文政権の外交、旧韓末の鎖国政策と変わらない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.22 11:14
0
自由韓国党の黄教安(ファン・ギョアン)代表は22日、日本の報復性輸出規制措置と関連し、「韓米同盟が堅固で国際的な支持を受けるならば安倍政権がこのように暴走することはできなかっただろう」と主張した。

黄代表はこの日国会で開かれた最高委員会議で、「(文在寅政権には)外交的解決策がなく、(日本政府に)向き合って戦う戦略もない。大声だけ張り上げて実質的な対策を出せないでいる」としてこのように話した。

その上で「現政権(の外交政策)は国を崩壊に追い込んだ旧韓末の鎖国政策と変わるところがない」と付け加えた。

韓国政府の対応に対しても「青瓦台(チョンワデ、大統領府)と与党でまともな対策を出したことがあるのか。反日感情を扇動して国民を組分けし野党攻撃にばかり忙しかった」と指摘した。

また「青瓦台と考えが少しでも違えばなにもかも親日派のレッテルを張っている。これだから文在寅政権が事件解決には考えがなくて国内政治に利用するという批判が出る」と話した。

黄代表は「われわれに必要なことは感情的対応ではなく未来に進む克日。栗谷(ユルゴク)が十万養兵説を主張したように韓国経済を守る10万優良企業が必要だ」と強調した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国党代表「文政権の外交、旧韓末の鎖国政策と変わらない」

    2019.07.22 11:14
    뉴스 메뉴 보기
    自由韓国党の黄教安(ファン・ギョアン)代表
    TOP